音楽

演奏会終わって…

チビたちが帰ってきて、途端にバタバタ…。

そんなことで、更新遅くなりましたが。

おなかの調子の悪かったなおが、今日になって、少し発熱、機嫌悪いheart03

胃薬を飲んで熱の下がったところをみると、また暴飲暴食が原因なのか…shock



では、本題。去る土曜日、演奏会でした。

来て頂いた方、本当にありがとうございました。

曲目はnote

ベートーヴェン 歌劇「フィデリオ」序曲

チャイコフスキー バレエ音楽「くるみ割り人形より」

 小序曲、マーチ、情景 冬の松林、雪片のワルツ、アラビアの踊り

 トレパック、あし笛の踊り、花のワルツ

メンデルスゾーン 交響曲第4番「イタリア」



アンコールは「くるみ割り人形」より、パ・ド・ドゥ、武満徹 ワルツ「他人の顔」より



という、盛りだくさんの華やかなプログラムでした。

組曲版のくるみ割りは、確か、以前に弾いた事があるのですが(いつ、演奏したのか、覚えてる方、教えて下さい(^^ゞ)、冬の松林、雪片のワルツは初めてで、本番も危うかったですsweat01

そして、チャイコフスキーは楽しいのですが、弾いてると体力の低下に歳を感じます。

パ・ド・ドゥの頃にはヘトヘトだったのですが、ワルツがまた曲者。ワルツの3拍子を刻むのが、弦楽合奏の中で、ヴィオラの下のパートのみっていう箇所があって…。大変でした。



それでも、本当に楽しかったし、演奏会は何度本番を迎えても、感動を覚えるものです。昔のことを思い出したりもあるし…shine



実は、来年はまだ指揮者も決まっていなくて、どうなるか分かりません。…にも、関わらずホールはおさえてあるそうで。来年も、いい演奏会が出来るといいのですが。





 

楽器のメンテナンス

来月、演奏会を控えて、このところ毎週日曜に練習に行ってます。

チビ2人を預けて…旦那様々shineです。



少しマニアックな話notesになりますが…。

来月の演奏会に向けて、弓の張替えと弦の張替えをすることにしました。

というのも、私の今の楽器、買ってから一度も、弓どころか弦の張替えすらしてないことに気付いたのですsweat01



今の楽器との出会いは5年前。

金沢に嫁いで、何か始めたくて、再開した楽器。

学生の時に使ってた楽器は、妹に譲ってしまったので、独身時代に貯めてた貯金の残りをはたいて買った楽器。



愛着があるというのに、2度の産休期間を経て、メンテナンスしてあげてなかったことに気付く…。



弓の張替えは、買ったお店に頼むとして、悩んだのは弦の張替え(さらに、マニアックな話ですsweat01)。

学生の時に使ってた楽器は、購入時に、「ピラストロ社 シノクサ」って弦が張ってありました。

弦を切ってしまった時に、先輩から他の弦を借りて張ったことがあったのですが、どうも違和感がありました。

結局、値段も手頃で聞き慣れて、しっくりしてるので、深く考えることも無く「シノクサ」をずっと張ってました。

今の金沢のオケに入って、しばらく借りてた楽器にも、これまた「シノクサ」が張ってありました。



そして、今の楽器。

購入時の記憶を必死でたどり…多分「A線はヤーガー、他はドミナントを張りました」と言われたはず。

弦の色から、メーカー等が分かるというサイトで、一応確認してみたり…。



学生割引もきかない今、弦を買うのはやっぱりネットでしょうpcと思い、探し始めると何種類もの弦がある!!

ひと昔前は、ネットで買い物なんてことしなかったから、選択肢って限られてたのに。



見てしまうと、何か違う弦を張ってみたくなり、でも知識が無いからよく分からない…。

結局、またまたネットでの意見を頼りに、限られた予算で決定。

A線を「ラーセン」他3本を「コレルリアライアンス」ってのにしてみました。



弓を張り替えてもらい、頼んだ弦は無事届き、弦を張り替えて、ちょっとウキウキして弾いてみました。

A線はよく鳴る、CもGも力強い音が出る。

でも、D線の音が、どう考えてもおかしい?。

素人の張り方が悪かったのか?物が悪かったのか?巻き直したり、何度も鳴らしてみたけど、おかしい。そうこうやってる間に、例によってなおに泣かれて、試し弾き終了。

次の日、おそるおそる弾いてみると、ちゃんと鳴ってるnote。今までこんな現象を体験してなかったので、不思議でした。



弓も張り替えた、弦も張り替えた…あとは本人の努力ですsweat01

















練習再開

img20080120.jpg
一月から再びオケの練習に参加してます。
日曜の午前中にチビ二人、夫に託して。

家でも、練習時間をちょこちょこもらってますが、音をさらうだけで精一杯。まだまだ弾けてません。
弓の使い方とか、かなり鈍ってます…。

そんな状態で、いつもびくびくしながら出てる合奏だけど、やっぱり楽しいです。
ただ、何故か、この冬は、暖房器具が無く、練習場はかなり寒いです。
高校の食堂を借りてるので、まさしく自分たちが練習してた、某岩倉高校食堂なみの寒さです(笑)。

さて、なんの楽譜でしょうか?
見えるかなあ。

突然ですが

突然ですが、今、大阪です。

こんなに人を見たのは久しぶりです(笑)!



妹と後輩たちの、演奏会を聴きに行きました♪。

ラフマニノフ、素敵でした~。

久々に会えた先輩や後輩もいて、嬉しかったです。



私、楽器、全く練習してません…。

母に預けたチビ二人…大丈夫かなあ?

梅雨の午後

img20070711.jpg
雨の日に、なんとなく聴きたくなります。
ラフマニノフのヴォカリーズ。
色んな楽器や声で、同じ曲ばかりのアルバムなんですが、飽きません。
そして、Salyu。
彼女の特徴的な歌い方は意外と好き。
湿っぽいとこ、時には清涼感もあって、梅雨向きかなって、私は思います。


でも、音楽ゆっくり聴けたのも今日まで。
怪獣ちゃんが帰ってきました(^_^;)。

気を取り直して

妹の演奏会、2度目の話。



演奏会2度目は、中学、高校で合同でしている定期演奏会。

私自身OGでもあります。



私たちの頃は、団員が足らなかったりで、何かと問題を抱えていたというのに、今は団員もまあまあ足りてるし、プロの先生に見てもらってるし、ホールも大学の方に立派な建物が出来たので、そこを借りれば立地も予算も問題ないし(欲を言えば、オーケストラのコンサートするには音響が…ってとこはありますが)、うらやましい限りです。



演奏の方はというと、メインがドボルザークの交響曲第7番だったのですが、難しい曲をがんばったな~って感じでした。弦楽器はわりと少ない人数だったのですが、そのコンパクトさを活かせてました。私はこの曲を、お腹がおっきい時に弾きましたが、よくやったな…と一人感心してましたhappy02



思わず、注目してしまったのは、学生指揮。この前、大友さんの華麗な指揮を見てしまっただけに、中学生を指揮してた、大学生?の指揮に大ウケしてしまいました。うまい指揮って、シンプルな動きや表情だけで、表現できてしまうし、惹き付けるものがあるんだなって。学生は一生懸命なのはよく分かりましたが…。



妹は4月から高校3年生で、どんな練習をさせてくか、曲は何にするか…とやっと一番上に立てる喜び?を感じてるようです。



帰ってきました…まずは

2週間強の実家での居候を経て、金沢に帰ってきました。

お友達に会ったり、妹のコンサートに行ったり、買い物したり…。

母が、父の店を手伝うようになったので、ずっとりゅうを見てもらえるわけでもなく、全部が上げ膳据え膳というわけにはいきませんでしたが(何のために帰ってるんだか…)、

やっぱり実家はいいし、りゅうも構ってくれる人がたくさんで、楽しそうでした。



何の話からアップしようかと思ったのですが、帰省の間、何かと手伝ってくれた妹に感謝して、妹のコンサートの話から。

今回の帰省の間、妹のコンサートが2回ありました。

1回目は京都ジュニアオーケストラのコンサートでした。

以前にもちらっと書きましたが、妹は現在高校2年生で、私が実家に楽器を残してきたので、中学の時から部活でヴィオラを弾いてます。

私よりもよほど熱心にやってるらしく、で、こんな他団体のコンサートにも参加してるわけです。



色んな意味で(プロが全面的にバックアップしてるとか)、新しい企画のコンサートとあって、ローカルニュースや新聞でも何度か取り上げられたり、親しみやすい曲目、そして演者が学生メインってことで、大盛況でした。

演奏の方は、オーディションをしてることもあって、管楽器のソロなどは、かなり上手で、でも若々しさがあって。寄せ集めのオケなので、まとまりやバランスに欠けるはずのところを、さすがプロ指揮者note、かなりまとめあげていました。



しかも、私にとってメインのチャイコフスキー交響曲第5番というのは、かなり思い出深い曲…。高校生最後に演奏した曲であり、大学の時の海外公演で演奏した曲でもあります。

私が演奏した年頃の人たちが弾いている様子を見聴きして、ほんとに感慨深かったです。



妹にとっては、ほんとにいい経験になったし、指揮者の大友直人さんに、たいそう感動したようで、楽器ケースにサインをもらってきたのを、嬉しそうに見せてくれました。



2回目は…。

りゅうが起きたので、後ほど。

練習そしてお留守番

久々にオケのネタでも…。



年が明けて、いよいよ演奏会のプログラムが全曲決定して、練習も合奏がメインになってきました。

今年は20回記念の演奏会ってことで、1曲目とメインは大曲、そしてモーツァルトイヤーにあやかって?モーツァルト。

大きい曲はそれなりに、盛り上がって楽しいけど、以前はたいして好きじゃなかったモーツァルトもこの年になったからか?楽しいです。



この前の練習でモーツァルトをして、「ビオラさんは、改めて、速いきざみや、弓のコントロールの基礎練習をした方がいいですよ、学生の時なんかはよくやってたと思うんですが…」と言われました。確かに…shockって感じです。



家じゃなかなか練習出来なくて、ウマく弾けないし、社会人のオケとなるとなかなか人の集まりは悪いし、年上の方々ばかりで、意見は言いにくいし、練習場は寒いし…と楽しいとばかりも言ってられません。

唯一進歩したことと言えば、りゅうを毎日抱っこしてるお陰で、楽器をすごく軽く感じるようになったことですhappy02



それでも、毎週夫は練習の送迎してくれるし、練習の間はりゅうのお守りをしてくれてるのでありがたいです。

それなりに楽しくやってくれてるのか、留守番してるときに、簡単にあげられる離乳食を買っておこうとまで言いだしてくれました。

毎週ドライブに行ったり、買い物行ったりしてくれてます。家で留守番でも、私と居る時とは大違いみたいで、いつの間にか寝ちゃったりしてるらしいです。この前は私が脱ぎ捨てたパジャマにくるまって寝てたんだとか…カワイイ奴です。

歌バカ

ご存知、平井堅のベストアルバムです。

発売日にDVDつきのほうを買いましたnote



で、これ、一番欲しかったのはりゅう。



童謡「大きな古時計」にも、名曲「瞳をとじて」にも大した関心は無く、

彼のお気に入りは、ただPOP STARshine

メロディーもプロモもかなりお気に入りのよう。



何度か書いてますが、我が家はケーブルテレビでよく音楽番組を見ていて、

それにはプロモも流れていて、 POP STARのプロモは確かにかわいいし、踊りも特徴

があって、いい感じだと思ってたら、

りゅうは釘付けになりました。



歌バカのCMの時なんかは、曲がPOP STARに切り替わったら、その途端真顔になって、

テレビに注目するので笑えます。



昨日改めて、実験してみました。

POP STARは最後に収録されてるのですが、数曲前から聞き始めてみました。

夫にダッコされながら、最初は夫のファスナーをかまったり、台所の私の様子をうかがってニコニコしてたりゅう。

そして曲がとうとうお気に入りへ。

もう、テレビを凝視です。

よびかけても無視です。



今度は「危険なアネキ」のCMも注目してみようと思ってます。

着ぐるみは出てこないけど、伊東美咲がキレイなのでやっぱり釘付けだったりして…。



ちなみに、私の最近のお気に入りプロモはWaTです。2人の美少年もさることながら、出てくる女の子もかわいいです。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ