« アートな1日 | トップページ

かんがるー教室の修了

Kan

昨日は、かんがるー教室(金沢市主催の2~3歳の未就園児対象親子教室)の修了式でした
近所の児童館で3人とも、この教室でお世話になったので、私としては、一段と感慨深いものでした

えいちゃんは、女の子(一応)だからか、兄たちの場合、弟妹を引き連れてたせいか?、3人の中で一番まともに、歌ったり、踊ったりしてくれて、私も参加することに少し余裕があって、楽しめました(兄たちの時はそれどころでなかった)。
参加人数が少なくて、少し寂しかったものの、その分アットホームな感じで、クリスマスにはみんなでケーキのデコレーションをして食べたり、昨日の修了式でもちらし寿司を作って(素は使いましたが)食べたり、少人数ならではの楽しみもありました

初めての子ではなく、体も小さくは無いですが、4/1生まれという事に全く不安が無いとは言えない、えいちゃん。教室開始当初には、周りと比べて、やはり幼さを感じました。お友達との関わりも持たずにマイペースに遊んでたものでした。
それが、少しずつお友達と関わろうとしたり、会話が出来たり、教室での踊り、歌を家に帰っても覚えてたり、家でもお友達の名前が出たり…気付けば、目覚ましい成長を遂げていました

幼稚園で保護者会長を引き受けてしまい、えいちゃんには用事に付き合わすことばかり。この教室はえいちゃんに向き合う大切な時間でした。ここでのママさん達との関わりの、程良い距離感に、救われているところがありました。児童館の先生には、3人とも赤ちゃんの時からお世話になっていて、先生の顔を見られる安心もありました。
大きくなったね、しっかりしてきたね、頑張ってるね、と声をかけてもらえる事がどれだけ励みになっていたのかと思います

ついでに言えば?(笑)、幼稚園の会長職は失敗ばかりで、自己嫌悪に陥りまくりで、やった意味があったのだろうかとか思い悩んでいるのですが、その分、かんがるーでの決め事とかは、何となく自ら進んで出来たので、会長職をやった意味も、成長も少しはあったのだろうと自分に言い聞かせてます
自ら進んで出来た事の一つ…ヴィオラ演奏。先生にずっと興味を持って頂きながら、恥ずかしすぎて、逃げていましたが、最後だからと昨日。「普段旋律を弾くことは滅多にありません」と堂々と挨拶しておきながら、恐る恐るの演奏(笑)。「おもちゃのチャチャチャ」に伴奏を付けてもらって、子供達は手作りマラカスをふってミニ合奏。ヴィオラをソロで聴くなんて機会はそう無いはずなので、申し訳無いくらいに喜んでもらいました…

かんがるー修了もあって、えいちゃんは明日から、週3で通ってた幼稚園に、毎日行くことになります。本人が行きたい様子なので、そうする事にしました。母は少し寂しいような…。っていうか、居ない間に頑張って家のことしないと

« アートな1日 | トップページ

えいちゃん」カテゴリの記事

コメント

>satoちゃん
ありがとうございます。
小さな組織だし、年子がいて、下も控えていて…結局、そんな立場に苦労した感じです。
修行になりすぎました(笑)。
かんがるーで、ぶんちゃんに会える事で、ずいぶん救われてました
えいちゃんは、可愛がってもらってるくせに、偉そうですよ

一年間、お疲れ様でした*✰
モチベーションを維持しながら人をまとめる…大変だったのではないかな〜と思います。
うちの園では保護者会がないので、小学校に入ってからが修行かな、と思ってますが…σ(^_^;)
えいちゃんも大きくなりましたね!
女の子だからお兄ちゃん達に可愛がられてるんだろうな〜♡

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アートな1日 | トップページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ