« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

気付いたら…

もう出産まで1ヶ月を切りました…

チビの方のことはあんまり書けてないままだったのですが、この前の検診ではもう2500g弱あって、いたって順調です。母も順調に大きくなってるので、それだけが心配です。

りゅうの時があまりに安産だったので、2番手も安産だろうという、根拠の無い自信から、なんだか呑気に過ごしてます。

りゅうの時は内診の直後に出血があって、そのまま入院、その晩に産まれた、というかなり安心で特殊な例だったのに。今回は、いつ、どうやってお産がはじまるか分からないから、ほんとは不安なんですけどね。

里帰り出産も考えていたのですが、先生との信頼関係が決め手で、やっぱりこっちで産むことにしたので、りゅうをいつから夫の実家に預けようか?考え中です。





あけましておめでとうございます(遅)

いよいよ出産を来月にひかえ、まさしく猪突猛進な年になりそうです。

更新もさらにのんびりになると思いますが、どうぞよろしくお願いします。



年末年始は京都の実家で過ごしてきました。

父も母も、また新たに仕事に就いて、ずっと見てもらえるという訳でもなく、のんびり~もできませんでしたが、まあ賑やかには過ごしてきました。



クリスマスもりゅうは分かってるんだかどうだか?なので、一応大好きな魚の本を買ってあげて、うちの両親からは積み木をもらって、ケーキも少し食べました(でもその前に、大好きな唐揚げとかたっぷり食べてたし…)。



でも今回何が印象的って鰤でした。

年末年始、一応お世話になるので?父に「ご馳走するから、何食べたい?」って聞くと「鰤の刺身」と言うので、夫と相談して、金沢の夫から(私とりゅうは一足お先に京都にいました)送ってもらいました。



それがこれ

buri.jpg


予想をはるかに超えた大きさでした。

夫は金沢の近江町の魚屋さんのネットで注文してくれたのですが、お値段以上の価値あるものでしたよ。

父は慣れた中華包丁で解体。一応両親には、丸一尾で送ってもらっていいか確認してたのですが、さすがの大きさに悪戦苦闘。



や~美味しかったです。刺身にぶりしゃぶ、丼、照り焼きと、数日間満喫しました。お酒飲みたかったです。



大晦日にはりゅうを寝かしつけるために、年越しそばも食べられなかったけど、元日には家族揃って初詣も出来たし、2日には夫と少し京都の街に出れたし、いいお正月でした。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ