« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

とりあえず、更新

先週の土曜に本番を迎えて、1週間が経とうとしています…。



演奏会、本番はなかなかでした。

本番というのはそれだけで、感慨深いもので、出来、不出来はまあ良しとなるもので。

久々の演奏会、いい緊張感と、一体感を味わえて、それだけで楽しかったです。



個人的には、変な緊張をしてしまい、譜めくりをどうしていいか分からなくなってしまった…というのが一番嫌な思い出です。直前の練習までは、何も考えることなくフツーにめくってたのに、本番を迎えて???となってしまいました。今までも譜めくり役の方が多くて、たまに失敗はあっても、どうめくればいい?なんてなった事はありませんでした。



演奏会に合わせて(多分、ただ、りゅうに会うための口実でしょう)、私の母も来てくれました。演奏会の次の日、珠洲に行ってみたいというので、母を連れて行くことになりました。途中千里浜に寄ったり、お気に入りのお蕎麦屋さんに寄ったり、そして珠洲ではハーブの丘に行ってきました。夫は月曜仕事なので日帰り、私とりゅうと母が!夫の実家で泊まりました。

田舎のわりと山間で育った母。家のすぐ裏が海というのに、感動しきり。で、植物が好きなので、義父母が育ててる、野菜やら花やら、興味津々といった感じでした。

そして、いつもながら、夕飯は海の幸が並ぶご馳走。りゅうもたっぷり頂きました。



翌朝も朝食からしっかりご飯食べて、海沿いを通って、千枚田を見て、輪島朝市、キリコ会館などまわってもらいました。私は久々の能登観光、母は初の能登観光を堪能しました。



母は火曜に帰って、また、2人と1匹の日中。

りゅうは、またべったりです。その上、急に暑くなったせいか、昼寝の寝つきも悪くて、ちょっとタイヘン。

ヴェスタの方も、この時期、食欲が落ちるのは毎年のことなのだけど、今年は更に甘えてるのか、横でついて見ててあげないと、ご飯を食べない…

しかも、なぜかテレビの裏の隙間に入りたいらしい。そして、りゅうが笛を吹けるようになったのはいいのだけど、それに合わせてヴェスタも甲高い声で鳴いている…うるさい。

今のトコ、梅雨の割には雨も少ないのだけど、暑くなってきて、いろんな意味でうっとおしいのです

もうすぐ本番なのです

オケが今度の土曜に本番を迎えます。

昨日から強化練習で、夕方7時から10時までという練習が3日間続きます。

その間、夫にりゅうを託すことになるので、一応、妻として母として、しておけることはしておく訳です(たいしたことできてないんだけど)。



夫が夕飯カレーでいいよと言ってくれたので、3日分チキンカレーとポークカレーを作っておきました。

りゅうにもルーを入れる前の野菜とお肉を煮たものをとっておいて…。



そんな感じなので、またちょっと更新が遅れます。すみません。



練習の進み具合は聞かないでー

たっちの練習

先週末から、りゅう、どうやら立とうという意志が見え始めました。



私が脇を支えて、「たっち!」と声をかけて手を放すも、ほんの一瞬で、にっこりして、私に向かってバタンと倒れてきていたのに、自分から立とうとするようになりました。



しかし、りゅうのたっち、りゅうが危なっかしいというよりは、こちらが危ないのです。



りゅうが立とうとする時は、まず、私か夫の正面で、肩や服をつかんでつかまり立ちして、足を広げ気味にして、自分で手をそっと放して仁王立ち、

「おー、立ったね~」と声をかけてあげるとにっこり

で、数秒経つと勢いをつけて、こちらに倒れこんでくるのです

まともに頭突きを食らうこともしばしば…。

他のものにつかまり立ちして、そこから手を放して立とうとするのは、見たことないから、どうも分かってやってるっぽい。

まあ、親に倒れこむ分には怪我しないしね(多分)。



すんなり立つのも時間の問題かな。



最近練習してることといえば、他にはコップで牛乳を飲むこと。

これがまた難しい。教え方といえば、慣れるまで少しずつ、何度もするしかないのだろうけど。



で、おやつがわりに牛乳やら、野菜ジュースをあげて困るのが。

ほんとに、お通じ良くなってます…。



集中力?頑固者?

1歳児になった、りゅう。

昨日、1歳児検診に行ってきました。

体重9840g、身長7?cm(先生が書き忘れてた多分78cm)

胸囲45.4cm、頭囲46.2cm

でっかい、でっかいと思ってたけど、母子手帳を見る限りはわりと標準サイズでした。



その後、近くの幼稚園がしてくれてる、幼児教室みたいなのに行ってきました。

この教室、月に2回、3ヶ月間、月齢の近い子を数人集めて、歌や絵本、その年齢が興味のありそうな遊びをしてくれるものです。



4月から参加させてもらってるのですが、始めの頃はりゅう、何でも興味津々って感じで、先生のお歌や絵本にとても集中してたのですが、このところどうやらわが道を行く感じ。



まずは、本棚から本を抜き出し、片付けて、一度抱き上げて、別の場所に移動しても、また本棚に戻って…そして、ミッフィーの絵本だけ得意そうに取り上げて「よめー」とばかりに突き出してくる



小麦をこねて粘土遊びをしてくれたのですが、この時ばかりはさすがに興味を持って、初めての感触に不思議な顔をして喜んでました。



みんなが、スロープを使ってハイハイしたり、すべり台もどきなお遊びをしたり、トンネルくぐりをしてるのに、急に何かに突進。タンバリンとマラカスを鳴らして嬉しそう。トンネルをのぞいて誘ったりしても、ダメ。また抱き上げて移動してみても、タンバリンとマラカスのところにまっしぐら。



この日、一番のお気に入りは洗面所だったらしく、つま先でつかまり立ちをして鏡を見てみたり、蛇口に触ろうとしたり、何度も洗面所に高速ハイハイで向かって行ってました。何がそんなに魅力だったの?



あとは、トーキングマシーン(カードを読み取って、動物の声とか、挨拶とか、歌とか流れるもの。英語の発音の勉強なんかにも使うと思います)にはかじりついて見てました。





たしかに最近、好みがはっきりしてきました。一人で部屋に少し置いておいたら、魚の図鑑をずっと見てくれてる時もあります(他の図鑑もおもちゃもここまで食いつきが良くない)、紙おむつを袋から全部出してることもありますが。買い物に行くと、バナナだけ「なーなー」と指差して叫びます。ちょっと用事をするのに教育テレビをつけておいたら、お気に入りのところしか見ません。



今のところ食べ物は何でも食べるし、会う人には誰にでも笑いかけるから、それはいいのだけど。いずれ協調性には少し欠けるかも…。



そういえば、その幼児教室で初めて他のお母さんに、手を差し伸べて抱っこされてました。愛想はいいりゅうですが、急に他人に抱っこをせがんだのなんか初めてでちょっとびっくりもしや、このお母さんも好みのタイプ

1歳になりました~

お陰様で、昨日6/4、りゅうはめでたく1歳を迎えました。

この1年長かったような、短かったような。ほんとに大切で、楽しい1年でした。



3日に、珠洲の両親が来てくれました。

りゅうの大好きなパンバイキング、サンマルクに連れてってもらいました。

gattuki.jpg


「いちど、おくちにいれたら、だしてたまるもんか~」



パンくれ~と泣き叫ぶので、夫が面白がって1個持たせたら、がっついて、口の中に押し込んでしまいました。

その後苦しくて、泣いて、口から出させようと、口に指を入れると噛むし、タイヘンでした。自分でもなんとかしようと、お茶を一生懸命飲んだり、泣いてるけどかなり笑えました。なんて、食い意地がはってるんだろう



その後、誕生日プレゼントにプーさんのコレールの食器と、図鑑、絵本を買って貰いました。いとこ達もプレゼントを持って遊びに来てくれて、わいわいと賑やかに過ごしました。

お昼たっぷり食べたというのに、また夕飯もがっついてました。

img20060605.jpg


「写真なんかええねん、はよたべさせて」

珠洲で、朝獲れた鯛、紅白ごはん(お赤飯と豆ご飯)、ブロッコリーとしいたけの煮物、小松菜のおひたし、いちごというメニューです。

いちごは、おやつにも食べてたのに、ぺろっと食べちゃいましたよ



4日は、また例のバラ公園にりゅうと私と夫で、お弁当を持って出かけました。

lunch.jpg


osumasi.jpg


おすまししても、やっぱり似合いませんね。花も食べる勢いです。



その後は、私たちも1年お疲れさまってことで、お茶して(りゅうは野菜ジュース)、少し買い物して、って感じで過ごしました。

この日のお誕生日メニューは、

たこやき(中身は鶏ミンチとミックスベジタブルを炒めて少量のケチャップで味付けしたもの)、昨日の鯛のほぐしたものとえんどう豆の煮物、ご飯、みかん。また、焼けるのが待てずに、叫んでおりました…。



という訳で、りゅうはほんとによく食べてた誕生日でした。

元気で1歳をむかえてくれて、ありがとう



« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ