« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

日本一バラの似合わないヤツ

りゅうは、今玄関でベビーカーの上でねんねです。

起こすとうるさいので、しばらくそっとしておきましょう。



今日は図書館のお話し会っていうのに、行ってみようと思って、行ってきました。

いくつかの大型絵本の読み聞かせや、手話をつけた歌、パネルシアターなんかをしてくれて、なかなか面白かったです。

「はらぺこあおむし」のお話が気に入った様子で、見入ってました。ぐりとぐらなんかは、絵も少し小さいので、まだあまり興味はない感じでしたが、そんな時はまわりの赤ちゃんや、お母さんを見て相変わらず、ニコニコやってました。

お話し会が終わって、大好きな熱帯魚の水槽を眺めて、家にお昼の用意をしていたので帰ろうと思ってたのですが、あまりにお天気がいいので、引き続きお出かけすることにしました。



公園でお昼を食べようと思ったので、急遽、お惣菜屋さんで、お昼を調達。りゅうも食べれるように、豆腐ハンバーグやかぼちゃのそぼろ煮なんかもチョイス。こんな時はもう離乳食も完了期って、助かるなーと思います。しょっちゅうは利用しませんが、私も少しずつ色々なものが食べられるので楽しいです。



公園はバラが見頃で、たくさんの人。幼稚園児やご老人がみんなでお昼を食べてたり。りゅう、おばあちゃんに声かけられて、微笑み返すも空腹の限界を迎えて泣き出してしまいました。

慌ててご飯。2人分、と思ってたのに、かぼちゃや、豆腐ハンバーグなんてほとんど食べられてしまいました。しかも風がきつくて、りゅうに食べさせるのがやっとで、自分用にと思ってたそばサラダを早々に食べて終了って感じでした。



腹ごしらえの後は、バラ観賞。

色とりどりで、いい香りもしてるのか、それなりに楽しそうでした。

roseryu531.jpg


いやー、バラが似合わない。ぼうずがよく光ってるね~



お腹もふくれたし、あっさりベビーカーでねんねし始めて、今に至るのでした。

せっかく寝てくれたので

なんとなく更新。



まだ少し鼻タレのりゅう。

お昼過ぎまでは、天気もあやしかったので、近くのスーパーへ散歩がてら、おんぶで行ってきました。



何度か書いてるスーパーなのですが、お野菜や果物が安い。お店自体は昭和な香りがするし、ベビーカーで回るのはタイヘンだし、広告といったら手書きなんだけど(ちゃんと新聞の折込でくるんですよ)。いつ行っても、りゅうの大好きなバナナが、わりと立派できれいな一房で98円なのが嬉しい(たまに78円)。



たいてい、りゅうはこの店に着くまでに寝ちゃうんだけど、今日は起きてました。お昼過ぎでお客さんも一段落って感じで、お店の人がりゅうに声をかけてくれました。誰に似たのか、ほんとに謎なんだけど、うちの2人りゅうとヴェスタは外面が異常にいいです。おんぶしてたから、分からなかったけど、お店のおば様たちに愛想振りまいてたみたい

「ほんとに、あいそよしさんね~疲れもふきとぶわ~

とお褒めの言葉を頂きました。



りゅうがほめられるとこと言えば、「愛想がいい」が圧倒的に多くて、次に「大きい」「しっかりしてる」って感じ。そして「かわいい」よりは「男前」って言われることの方が多いんです。まだ赤ちゃんなのにね。まあ、かわいいという姿かたちではありません



ossan.jpg


すっかり、おっさんの貫禄です。

これで、愛嬌もなかったら、ほんとのおっさんだし、みんなに笑顔をふりまくのだよ

お気に入りの公園

このところ、りゅうは鼻が詰まって苦しいのか、寝つきが悪い。そして、朝も早くから泣き出す。今朝も土曜というのに、朝5時にギャーギャー泣き出して、咳が止まらず。更に泣くからひどくなって、一度落ち着けるためにおっぱいくわえさせると、満足して…寝るかと思いきやすっかりお目覚め

しばし、ベッドについてる引き出しを物色して「めんめ~」と言われてはにやっとし、ベッドのはしっこまで行っては、親を慌てさせ、カーテンをのぞいて、外に向かって朝の挨拶(誰に向かってというわけでなく)。こんな毎朝です



そんなりゅうは病みあがりだし、夫も午後から仕事あり、でも早起きしたから午前中も時間がある~というので、お気に入りの公園白山ろくテーマパークまで行ってきました。市内から40分ほどのとこなのに、近くにはスキー場があったり、田園風景も見られるようなところです。



この公園何がいいって、きれいで広くて、休憩できるところも、トイレも完備だというのに、人が少ない。この公園周りが藤棚になってるのですが、ふじ祭りっていうのをしてた時くらいしか、賑わってるところを見たことがありません。



clover.jpg


「ひさびさのアップ!おはながにあいませんね~」

hutari.jpg


「2ショットとろうなんて、むりなのよ」

mizuasobi.jpg


「こいつはなにしてるんですか~?」



やっぱり、今日もあまり人がいなくて、ヴェスタも遊ばせてあげれました。今日行ったら、水も流れてたり、池みたいなとこにはってあって、ヴェスタは大喜びでした(おたまじゃくしも蹴散らしてました…)。



わんこも子供も満足っていうとこを見つけるのは難しいので、この公園はほんとにいいところです。わんこ仲間ではそろそろ川遊びシーズンです。

ポリオ その後

ポリオ受ける前に、熱も少し高かったし、せきも少し出てるし、と若干丁寧に診てもらって、

「風邪の兆候はないから、受けてもらえますよ」

と言われたのに、翌日になって、鼻水がダラダラ。



昨日の朝、とうとう熱まで出しました。39.3℃

また、熱出しても、元気だし食欲も旺盛でした。でも、さすがにポリオ受けたところなので、念のため病院行ってきました。



結果、ポリオとは、関係なく、風邪か突発。咳もあるし、鼻水もダラダラだし、やっぱり、風邪かな。



昨日こそ、少しはしんどそうにして、よく寝てましたが、今日はまだ少し熱があるくせに、パワー有り余ってます。パソコンまわりの物色中です



kaeru.jpg


やっと、寝ました。

今しか着れない、上下カエルコーディネート。

この後、ちゃんと毛布かけてあげましたよ。



かぜっぴきりゅうは、ちっさいおっさんです。

痰がからんだ咳して、鼻詰まってるからいびきするし、お腹は下さないものの少し調子が悪いのか、おならがデカくて、臭い

かわいそうなんだけどね。

親子でポリオ

受けてきました、ポリオ…最悪でした。



まず、午前中、りゅうの方から。

絶対混むだろうからと思って、ベビーカーで出動。



会場内はすごい熱気。暑いし、落ち着かないしで、りゅうは37.5℃もありました。必死で水銀体温計5分測ってもやっぱり37.5℃。

先生の診察では、あっさりOKをもらって、受けました。

親も汗びっしょりでした



午後からは私の方。

昭和50~52年に生まれた人は、どういうわけか、ポリオにかかる可能性があるというので、受けました。

予防接種のポリオの菌が、便に出るっていうし、りゅうは相変わらずお風呂ちゃんなので。



ここがまたひどかったです。大きい病院で、予約して行ったにも関わらず、要領を得ない。さんざん待たされた挙句、接種してくれた看護師の愛想が悪い。病院のカード作ったから、今後他の科の受診もして頂けますよって言われたけど多分来ない…。これで、自費8400円+駐車料金100円(30分を超過したから)。

病院に連れて行ってあげたり、その間りゅうを見てあげると、夫が会社を休んでくれたのは、有り難かったです。



そもそもこの病院にはいい思い出がありません(病院だから当たり前か

続きを読む "親子でポリオ" »

ある日曜日

日曜日というわけで、午前中はオーケストラの練習。

今日は、マーラーの4楽章で歌って頂く、ソプラノの方が参加して下さいました。

歌が入ると、一段と曲らしくなって

今までも、ソリストの方が入る曲っていうのは何度か体験してますが、やっぱりいいです。間近で、その音を聴ける訳ですから。

で、4楽章って、こんな曲だったんだ…



お天気がとても良かったので、午後から、公園でも行こうか…と行ってみたのが、内川スポーツ広場。ここは、犬禁止で、以前ヴェスタと断念した公園。ヴェスタを連れ出すには暑かったし、りゅうを芝生でハイハイさせてあげようなんて思ったから(犬禁止だと、一応芝生はきれいかなと…犬飼いのくせに)。



いや~失敗。人だらけ。駐車はテキトーだし、公園内は秩序が無い感じ。人がどれだけいようと、ボールやフリスビーで危なっかしく遊んでるし、自転車は暴走してるし。何これ?って感じでした。

とりあえず、人の少ない隅っこで(お父さんたちのお昼寝場でした)、りゅうをハイハイさせてみました…不評。当たり前といえば当たり前なんだけど、チクチクするみたいで、座り込み、だっこ要求で、終了。



早々に退散して、帰ってから、ヴェスタも連れてバラ公園まで散歩。程良い混み具合で、なんかほっとしました。

まあ、休日に家族で公園っていうのは、健全なんだろうな、お父さん偉いよ!と思いましたが、今度は休日にヴェスタ置いてまで、この公園には来ないかな…。

嬉しかったこと

今日、以前同じ職場で働いてたお友達から、「おめでた」の報告のメールをもらいました。



彼女は私より少し年上で、先に結婚してたのですが、お子さんはなく(当時)。そして、私が先に仕事を辞め、結婚して…。



何がきっかけだったか、子宮内膜症の話をして、実は私も…と彼女から聞きました。私の方はアルコール固定という(賛否両論ありますが)比較的軽い処置で済みましたが、彼女の方は腹腔鏡手術をすすめられたのでした。一時期、けっこうミスもあった手術で彼女は迷ってましたが、手紙やメールでやり取りして、勇気付けられたと言ってくれて、手術を受けました。



その後も、色々ありましたが、ようやく彼女に赤ちゃんが出来ました。

ほんとに嬉しいです。



その前にも、私たちの、ちょうど1年前に結婚した先輩夫婦にも赤ちゃんができたっていうメールをもらって、更にわんこつながりのお友達も、不妊治療、一生懸命頑張った末に、今、妊娠中で…みんなの赤ちゃんに会えるの楽しみです。りゅうがもうすぐ1歳を迎えようとする今、赤ちゃんってほんとに授かり物で、尊い命なんだなって思います。



内膜症で悩んでた時に、たまたま書き込んだ産婦人科の掲示板を見て、メールを下さった方が居られるのですが、その方も同じように悩んでおられました。Yさんのとこにも、大切な贈り物が届きますように。

久しぶりに

近所の児童館へ行きました。



書き損ねていますが、4月から、近くの幼稚園がしてる、ベビー教室みたいなのに月2回行ってて、それと、児童館の小さい子が遊べる日と重なってしまったんです。



幼稚園の方の教室は、ほぼ同じ月齢の子が集まってて、赤ちゃんが興味を持ちそうなことを中心にしてくれてて、併設の保育園の給食(離乳食)を体験するなんてこともできるので、今のとこそっちに行っています。

今月はゴールデンウィークがあったお陰で、週がずれて、こちらにも来れました。



りゅう的には、自分なりの興味が出てきたので、わりとフリーで遊べる児童館の方も久しぶりに楽しかったようです。とりあえず、超高速でハイハイしまくって、また、おままごとを咥えてました。

りゅうのハイハイは、加速がつくと前を見ないので、色々ぶつかってました。そして、平均台につかまり立ちしてて、ほんの少し目を離したすきに、こけてぶつけてしまいました。

しかし、石頭のりゅう。ちょっと泣いたら、すぐけろっとして、また前も見ないでハイハイで去って行きました…。

先生が心配して、おでこに冷えピタ貼って下さいました。

冷えピタを貼ったりゅうの様子が恐かったのか、そうちゃんはりゅうを見て泣いちゃいました



7月からは、幼稚園の方、また新たに申し込みをしないといけなくて、希望者が多ければ、初めての方を優先するというので、どうしようかな~と悩んでるとこです。曜日がかぶらなければ、どっちにも行けて一番嬉しいのですが。月齢の近い子が集まるのも、悩みが似てたり、成長が似てたりで楽しいのですが、ここはここで、先輩お母さんの話を聞けたりして、ありがたいのです。また、小さい赤ちゃんが来たり、先輩お母さんがオメデタだったりっていう、続いていく温かさみたいなものもまた良くて。



まあ、りゅうは今のとこどこでも楽しそうにやってます。

しゅんちゃんと

以前、2月に保健センターであった育児教室について書きましたが、その時にお友達になったしゅんちゃんと、ママ、ようやく再会しました。



何度か会おう!と言ってたのに、予定が合わなかったり、体調崩したり、お天気が悪かったり…赤ちゃん同士ってなんて難しいの!って思っててやっと会えました



近くの公園で待ち合わせして、通称バラ公園まで、そして教育センターへと行ってきました。バラはもう少しで、ちらほらと咲き始めてました。



教育センターで、しゅんちゃんはごはん。ここは、お部屋でごはん食べたり、お菓子食べたりできるから、便利です。しゅんちゃん、ほんとにおりこうにごはん食べてました。りゅうは、人が食べてるの見たらうるさそうだから、床で遊ばせてました。



りゅうは最近、おままごとにある意味、興味があるらしくて、おたまや、おもちゃの食べ物を、ほかのおもちゃ以上に嬉しそうにカミカミしてました。本棚の本を片っ端から出していって、でもミッフィーの本と、動物図鑑みたいなのだけは眺めてました。



りゅうとしゅんちゃん。りゅうは体も大きくて、突進していくと、泣かれてしまうことも多いのですが、しゅんちゃんには泣かれませんでした。しゅんちゃん、ママに似て、美男子でとってもかわいかったです。



よく遊んでくれたので、センターを出るとりゅうはあっさりねんね。ママたちはお茶しに行きました。きれいな公園を散歩して、子供を思いっきり遊ばせて、お茶、ほんとに楽しい時間でした。



バラももうすぐ咲きそろいそうだし、またお散歩いきましょうね~

母の日

今日は母の日です。

母になって、初めての母の日。

で、今、りゅうはいません?。



今日は、オーケストラの強化練習で、練習が9:30~16:00までありました。

この前も合宿に行かせてもらったので、今日の練習は半分だけ参加とかにしようと思ってたら、夫がいいよって言ってくれました。

いいよと言った夫、「りゅうと1日何してよう?」と考えた末に、昨日の晩から実家に帰りました(^_^;)。



私がりゅうと一晩離れたのは2度目。

一度はその合宿の時。義母が泊まりにきてくれました。

私が居ないほうが、あまり泣きもせず、よく寝てるみたいです

私の方はといえば、合宿中のごはんはたっぷりだし、腕のあたりはよく動かすし、りゅうは飲まないしで、おっぱいが張って、久々搾乳してました



昨日は。

久々の一人の晩、一人だからご飯炊くのもめんどうだし、お弁当ででも済まそうと思ってたら、買い物に付き合ってくれた夫が、「え、そんなんでいいの?なんか普段食べない好きなもん食べれば」と言うので、夫が食べない、えび、ブロッコリーをサラダに、あとイカとかのお刺身食べました。

りゅうがいない間に、あれして、これして、とか思ってたけど、普段どおり台所の洗物だけして、ヴェスタと散歩行って、とかして、ほっと一息ついたら、寝てしまいました。普段できない事で出来たことといえば、ハイドロカルチャー(観葉植物の水耕栽培)の土換えくらいでした



今朝は久々に7時ごろまで寝れて(りゅうは夜中数回ふにゃ~と言って、たいてい6時には起きます)、ヴェスタの散歩して、お弁当作って、朝ごはんといった感じでした。朝は少し余裕が感じられました



今日の練習は、マーラーの通しがありました。

日々勝手に鍛えられてるだけあって、体力的にはこたえなかったのですが、精神的にこたえました。楽器が増えてみたら、「え、ここ何~?」と、わかんないとこが多数。そして、まだまだ弾けない箇所が…。難しいのです。



さてさて、母の日。

実は昨日、母の日ランチと称して、義母、義妹、私の母3人で、ランチしてきました。

いちおう、義母には母の日のプレゼントってことで。

ゴールデンウィークのペンションでは洋食続きだったので、中華なんかどうだろ?と思って、行ってきたのがここ

3000円ちょっとのコースを頂いたのですが、とっても美味しかったです。

中華料理にしては、あっさり目の味付け、食器は初夏をイメージしてか、ガラスの器なんかもステキでした。

母がとても気に入って、今度は夜、来たいね~、夜のメニューはどんなかしら?と店の入り口にある、メニューをながめてたら、お店の人がすかさず来て、色々と教えてくれました。おまけに、色んな個室まで見せてくれて、名刺も頂きました。店を出る時には雨が降ってたので、、その方(実は支配人さんでした)は玄関まで傘を差して下さって、妹が車をまわしてくれたのですが…妹、爆笑(失笑?)。

「この車は、ないよね~」



というのも、妹の車は実用的なことも考えて、でもそろそろ買い替えも考えてる軽自動車。

今度はディナーに(そこそこのお値段はするし)なんて話をして、玄関までお見送りしたら、来た車が軽!っていう状況が笑えたのです。



ゆっくり、おいしいもの食べて、シアワセでした。おこちゃん達を見ててくれた、パパさんたちに感謝です。



実家の母には、お財布と最近買ったので、ストラップとを送りました。



りゅうも、いつか、母の日何かしてくれるかな?

いまのところ(これからもだけど)、元気でいてくれることが、一番うれしいです

2人連れて

今日はいいお天気



朝食はフレンチトーストにしたら、りゅうは握りつぶしながら、すごい勢いで食べてくれました

朝から2回洗濯して、布団干して…その間もりゅうの相手をしてたというのに、りゅうはどうも機嫌が悪い。



やっと寝てくれたと思ったところに「置き薬いりませんか?」ってセールス。「今時、普通の家庭にセールスしても売れるわけ無いやん」って言ってやろうかと思いましたよ。で、起こされたりゅうはまた不機嫌。



早めにお昼ごはんにしたら、りゅう、食べながら寝ました

起きたとこで、少し外に出て、よその家の花など見て回ってたら、少しだけ笑ってました。

昼過ぎに義母が来てくれて、ちょっと外出。

りゅうはまた、銀行のお姉さんに愛想ふってました



義母と一旦別れて、今度はりゅうとヴェスタと2人連れて(正しくは1人と1匹)、獣医さんへ行ってきました。

ヴェスタ、ヒート中で狂犬病注射がまだだったのと、フィラリア予防のシーズン到来ってことで。



ベビーカーは無理なので、りゅうをおぶって、ヴェスタのリード持ってというスタイル。

中学のグランドのわきを通ったら、中学生に好奇の目で見られました…。

「でっかい黒い犬~!っていうか、あの人背中には赤ちゃんもおぶってるやん」(注:金沢の言葉ではないですよ)という声が今にも聞こえそうでした

他、犬連れの人やちびっ子たちには、「こわそ~」とボソッと言われて、オーバーに避けられました。

今日はヴェスタ、びっくりするくらい、おとなしく「つけ」で獣医さんまでついてきてくれました(途中で獣医に行くことに気付いて、足取りが重くなることがあります)。



いつもながら、満員の獣医さん。ヴェスタを妙に気に入ってくれた、若いお姉ちゃんが居て、ヴェスタ大喜びでした(ウレシイけど、りゅうをおぶってるときはちょっとタイヘン)。そんなうひょうひょヴェスタでしたが、自分の番と分かると、いつものようにでっかい体でイスの下にもぐりこみ~。夫とだと、もっと甘えて、抱っこで診察台にあがることもあるけど、今日は私となので、むりやり引きずり出されて、観念。



ぶるぶる足をふるわせて、診察台にあがって(毎度の事ながら、ほんとに笑えます)、あっという間の注射。この先生、いつも鮮やかです。

注射とフィラリアの薬3か月分もらって、終了。



なんだか、ここ最近、天気がいいと病院に行ってた気がしますが…





乳児湿疹?

以前から、りゅうの肩にプツプツと湿疹ができて、乾燥してはまた出来て…と繰り返してました。

チャイルドシートやベビーカーのベルトがあたるとこだし、あせもの一種か、摩擦でできてしまうんだろうか?本人も、かゆがったりする様子もなかったので、気にしませんでした。



3月に入った頃から、お腹の辺りにもプツプツが出来て、お風呂上りには赤くなって、少し痒いようでした。それが、お腹だけじゃなく胸の辺りにも出来て、徐々に範囲が広がってるようなので、気になってまず小児科の先生に診てもらいました。



先生は、「体質のものだから仕方ありませんね。そんなにかゆみもひどくないようなら、様子を見ましょう、ただ、すぐ良くなるものではないですよ」と言って一応薬は出してくれました。



で、それから1ヶ月ほど。ますます範囲が広がって、いまだにかゆがってる様子もないし、先生を信じないわけでもないんだけど、これから暑くなって、肌の露出なんかもどうだろう?と思って、皮膚科に行ってみることにしました。



家から一番近い、総合病院の皮膚科。1時間待ちでした…

ベビーカーで行ったので、そのうちの何分かは寝てくれて、あとは行き交う患者さんや、病院スタッフに愛想を振りまくって、なんとかぐずらずに、待ち時間を乗り切りました。



先生はわりと若くて、感じのいい先生でした。評判とか全く知らずに行ったので、この先生でよかったです。

こんな風に、初めはプツプツ小さい水疱みたいなのが出来て、あとはカサカサになって、あとが残るようなんですけど」

と指差した「こんな風」な箇所は「あせもです」、と言われました…。

で、先生が体を見てくれて、「乳児湿疹です、今の段階でアトピーという言葉は使いたくないですが、いずれ大きくなってでないと分かりません」という診断でした。

私の中で、乳児湿疹っていうのは、もっと小さい赤ちゃんの湿疹のことだと思ってたので、意外でした。

食べ物とか注意した方がいいのかも聞いてみましたが、食べるものによって顕著に現れるわけでなかったら、多分大丈夫でしょうと言われました。



薬は小児科とは違うものを処方されて、りゅうは看護師さんに薬を塗ってもらって、終了。他の看護師さんに「診てもらったのは、お母さんの方だと思った」と元気いっぱいのりゅうを見て笑ってました。



薬もらうのに、また少し待たされるようなので、1時間待って、お利口に薬を塗ってもらったりゅうにご褒美のジュース。ストローで飲めるようになりました。



さて、乳児湿疹。自分なりにも調べたけど、原因が分からなくて、他の湿疹が出る病気に当たらないものの、総称のよう。アトピーだと顔や関節に出て、かゆみがひどいっていうから、違うような、でもこれも色んなパターンがあるのかな?アレルギーだと、これは小学生から中学生にかけて、私もずっと「アレルギー性鼻炎」なんて言われてたから、遺伝的な体質かもと思うとかわいそう。まあ、男の子だから、これから、顔にさえ出なくて、かゆみもひどくなければいいんだけど。

ただ、これから日に当たると、湿疹の部分が黒ずんでシミになってしまうので、あまり日に当てちゃいけないって。この湿疹、いつまで付き合わなきゃなんないのかな?



ゴールデンウィーク

ゴールデンウィーク、皆さんいかが過ごされましたか?



我が家は、ざっとこんな感じです。



4/29 能登島水族館に行きました。

 りゅうは、けっこう色々と見てくれました。

散歩で、ベビーカーにのせると、半分は寝てるというのに、水族館1周ちゃんと起きていました。大きめの動きが分かりやすい、イルカとかあざらしとかカメが気に入ったようです。

 イルカの泳ぐのは「どっど~!」と表現してたようです。でもイルカショーの間は、後ろの席のお姉さんに愛想をふりまくって、みんなが拍手するのには合わせて自分も手を叩いてました。



4/30 お買い物等

 念願のサイクロン式掃除機を購入しました。犬飼いさんの中ではこれが評判よくて、使ってる人も多いのですが、我が家は手届かず…。日本メーカーのでしかも一つ型が古いのが(10Wしか変わらず)、格安だったので購入。

 いや~ウレシイ。これでお掃除も楽しくなるはず!あっという間に黒い毛でいっぱいになった紙パックの交換が要らない!しかしまあ、これ普通の家庭でここまでの吸引力って要るの?さすがに、ちょっとうるさいし。



5/3 ちょっとドライブ



5/4~6 家族旅行

 夫の両親や弟家族と旅行してきました。この前、下見兼ねて行った、清里。

今回は、じっくり回れましたよ。ゴールデンウィーク、さすがに人もわんこもいっぱいでしたが、楽しかったです(今回ヴェスタはホテルルーシーでお世話になりました)。

 今回は2箇所のペンションに泊まったのですが、赤ちゃん連れならオススメはカントリーイン オーチャードハウス。大人にとっては、落ち着きもある雰囲気なのに、食事や寝具、赤ちゃんへのサービスも良くて。そのバランスがすごく良かったです。りゅうはサービスで出してもらった、ご飯やスープ、デザート…(更に私の分も)食べまくりで、ゴキゲンでした。置いてある絵本も楽しんでました。 

 お風呂はユニットバスだったので、りゅうには好都合でした⇒



5/7 お笑いライブ

 

夫がチケットを取ってくれて、お義母さんがりゅうを見ててくれるというので、行ってきました。

けっこういいメンバーで、会場もいっぱいでした。何度か見たネタも多かったですが、ネタだけじゃなくて何組かでクイズみたいなこととかあって、面白かったです。

私的には、baseよしもとの時から見てみたかった、チュートリアルの徳井さんを生で見れて感激でした。本物は予想以上に顔が小さくて、男前でした!



実家は料理屋なので、ゴールデンウィークはお休みでなく、自分もサービス業で働いてたし、夫も以前は休日が違ってたし…生まれて初めて、ゴールデンウィークらしいゴールデンウィークを過ごした気がします。

どこのお寺の小坊主さんですか?

ゴールデンウィークにむけて、りゅうをイメチェンしました。



まばらなわりに、毛の伸びるのがわりと早いりゅう。

以前実家に帰った時に、(私の)父がりゅうが、耳にかかった毛をうっとおしそうにして、ひっぱっていたのを見て、「切ってあげれば?」というので、「どうやって?」って聞き返したら、父はいとも簡単そうに「指で挟んで、出た部分を切っていけばそろうやろ」と言われました。

「なるほど」と思いながらも、どうやってじっとしてくれるん?と考えた末、おっぱいをくわえさせながらという母にしかできない方法で切りました

その後もこの方法で、何度か髪を切ったりゅう。ちなみにりゅうは、爪切りも耳掃除もこの方法です



そういえば父は「夏になったら、今度は櫛をあてて、そこから出た部分切ればもっと短くなるやろ」と言っていた…。

5月にもなったことだし、



sekku.jpg


切ってやりました。



いかつくなってしまいました。でもいかにも日本男児のりゅうは似合わないことも無い。これがジャニーズ系のかわいい男の子ではムリなヘアスタイルでしょう。物心つくまで母が切ってやれそうです(もちろんおっぱいははずしてね!)。



ちなみに後ろは、見えにくいですが初節句、りゅうの兜です。

うちの実家からもらいました。京都では母方の親が用意するらしいので。

コンパクトですが、黒塗りの台が多い中で、焼桐の台にのせられてて、落ち着いた感じです。

りゅう、不思議といたずらしなかったのですが、最近左側の飾りが下に置いてある事があります



もひとつ。

ningyou.jpg


母がとても気に入ったのでと、プレゼントしてくれました。

これまた見にくいですが、お人形さんはちゃんと着物地の着物と兜をつけて、こいのぼりはちりめんです。



マダ予定はありませんが、次、女の子だったらまたタイヘン…。

風邪引きりゅう

いつも、ちょっと鼻や咳が出たくらいなら、市販の薬を飲んで、2~3日もすれば治るりゅう。

でも今回の風邪は、季節の変わり目のせいなのか、なんだか治りにくそう。鼻と咳意外は全く症状が無くて、病院に連れてくのも恥ずかしいと思ってたけど、連休にもなることなので、病院に行ってきました。



先生「よく風邪ひく?」

母「いいえ、ほとんどひきません」

先生「人混み、連れ歩いたりした?」

母「風邪気味だったから、わりとおとなしくしてました」

先生「この子、家の中に閉じ込めてたら、暴れるでしょ、そりゃタイヘンだ」



で、全く問題なし。たまには風邪が長引くこともあるよと言われ、お薬を一応もらって終了。

僕何しにきたんでしょう?と言わんばかりにりゅうは雄叫びをあげてました。



病院にも行ってみるもので、前にバスの中でたまたま会ったママさんと再会しました。

自分もりゅうと同じくらいの子供がいるって、話しかけてくれた人でした。その日はお仕事で、保育園に預けてるんで、お一人でしたが、今日は子供さんも一緒でした。

家も近そうだし、月齢も近いし、また何かの機会にお会いできるといいな。



« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ