« 子育て論? | トップページ | チューリップフェア »

伯父の死

母から電話がかかってきて、「順調?」とか聞かれた後、「ショック受けないでよ…」と言われました。

実はこのフリ、妊娠してから2度目。こう言うからには、ショックな話に決まってるんだけど。

1度目は、以前お向かいに住んでて、かわいがってくれたお兄ちゃんが亡くなった時でした。

今度は…。



伯父が亡くなったという事でした。

私には伯父と言っても、たくさん居るのですが、亡くなったのは父の兄で静岡に住んでいました。

伯父とは、結婚式以来会ってなくて、今年は赤ちゃんが産まれたら、静岡まで遊びに行こうと決めてたので、ほんとに残念です。



伯父と父とは全然違うタイプで、簡単に言えば「典型的な長男と次男」って感じでしたが、どういうわけか、両方が娘3人、しかも次女と3女の年が離れているなんていう共通点がありました。私の結婚式には家族全員で来てくれたのですが、同じ3人の娘を持つ父親としてどんな風に見てたんだろう?なんて思うのでした。



お正月のときにも、私は親戚がたくさん居て、賑やかで良かった…などと書いたと思うのですが、自分自身が子供を授かってから、自分が祖父や祖母、そしておじ、おばに、いかに可愛がられ、支えられ大きくなってきたかと言う事を改めて考えていました。



そんなこともあって、とてもショックでした。静岡、京都と離れていて、そんなにたくさん会えたわけでもないのですが、伯父の笑顔ばかりが浮かびます。そして、残された伯母、従妹、息子を先に亡くした祖母のことを考えると、更に胸が痛みます。もちろん父も相当なショックだったと思います。



母に心配をかけても…と思い、電話口では泣きませんでした。電話を終えて、夫が休日出勤で居なかったので、一人になってやはり泣けてきました。

« 子育て論? | トップページ | チューリップフェア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子育て論? | トップページ | チューリップフェア »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ