« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

きいさんと

イギリスに行ってて、今月の半ばに帰ってくると言ってた親友「きいさん」とやっと連絡が取れて、会う事にしました。帰国少し前から、PCの調子も悪くなったり、TOEICの試験を受けたり、帰国後の脱力感?なんかでボーっとしてたらしいです



四条烏丸の新しい複合施設ココン烏丸というとこに行くことにしました。

久々京都の市バスで街中に出たのですが、桜もまだだし、平日だしとなめてたら、春休みだけあってバスは混んでるし、道も混んでるしで、遅れてしまいました。



きいさんと会うのはほぼ1年ぶりでしたが、変わってない、っていうか今や専業主婦で妊婦の私から見ると、洗練されてる感じでした。無いものねだりなんだろうけど、独身でイキイキしてるとこは少し羨ましかったです。



ランチはココン烏丸内のスーホルムカフェ+ダイニングってとこにしました。他にもおしゃれなカフェや、飲食店が入ってましたが、ランチメニューが良さそうだったので。なかなかのお味でしたが、椅子とテーブルの高さが特に妊婦にはしんどくて(こだわりの物らしいけど)、食後の飲み物のタイミングが遅かったのが残念でした



色んな話をして、せっかくだからと他のお店を見て回りました。焚く習慣も無いし、実際焚いてみたところ、犬の臭いが勝ってしまったという悲しい過去があるのですが、お香のお店はなかなか興味深かったです。種類もたくさんで、お値段も手頃だし、プレゼントにも良さそうでした。買ってみて寝室で焚いてみるのも良かったかなと後で思いました。



雑貨屋さんや家具屋さんも見て回ったんだけど、なかなかお高い。子供部屋に良さそうなシンプルでステキな家具なんかは良かったんだけど。ビックリしたのは紙のお店でポストカード1枚450円(手描きっていうわけでもない!)、2人して「たか~」なんて言っちゃって、彼女と金銭感覚が一緒でほっとした瞬間でした。



大丸まで行って、今度はお茶してから解散。いっぱいしゃべったはずなのに、きいさんのイギリス生活の話とかもっと聞きたかったなと後悔。きいさんはこれから、また職探ししたりと、たいへんな訳だけど、イキイキとがんばって欲しいな。

ゆーみん@京都

すっかり、ご無沙汰してしまってるのですが、今、京都の実家に帰ってきてます

会いたい親友達とも、ちょうど都合が合ったり、妹の演奏会もあったりで、いい機会なので安定期の間に少し帰ってきてるのです



昨日はさっそく、高校からの親友に会ってきました。HPのリンクもしてるルルちゃん。そして、ルルちゃんのお坊ちゃん達。

天気が心配だったのですが、何とか持ってくれて、まずは植物園へ。ゆっくりお散歩したり、温室を見たり。花は残念ながら少なかったのですが、いい感じでした。



お昼はサン○ルク。パンたくさん食べちゃいました。お坊ちゃん達は2人ともなかなかのお利口さんで、わりとゆっくりご飯食べられました。



お昼から崩れると言ってた天気が思いのほか良かったので、少しドライブでも…と母校の辺りを見に行きました。私達が通ってた時より、建物も増えてたり、周りに店も増えてたり、きれいな公園ができてたり…と様変わりしてました。でもチャペルや砂利道は変わらず、ほっとする風景も残っています



ここまで来て、坊ちゃん達がすっかり寝てしまったし、つもる話もってことで、更に比叡山までドライブしてきました。景色のいいとこで女二人琵琶湖を眺めながら、色々話してると、なかなか感慨深いものでした。仲良くなったのは高校3年の時ですが、中学から同じ学校でお互いを知ってるので、お互い結婚して、京都を離れて、子供の話したりしてるのは、何だか不思議です。



帰りは家まで送ってもらって、ベビーバスとかを頂いちゃいました。次会うときはお互い子連れだね。子供同士も仲良くなってくれるといいなあ。

図書館

 昨日は、とても暖かくて、天気も良くて、部屋干しはさすがに無理だった布団カバーなどをやっと洗濯しました。昨日、楽させてもらったお陰で体調もわりと良かったので、図書館まで行くことにしました。図書館まで歩いて10分ほど。京都の実家の近くの図書館より、さらに近いし、大きいし、きれいだし、カフェまであるし。家の立地や環境は気に入ってますが、図書館もポイント高いです!



 平日の日中家に居て、することが無いと(しなきゃいけない事はいっぱいあるんだけど…)、テレビ見て過ごしたりしちゃうので、これではいかんと行ったわけです。まあ何となく目的はあって、赤ちゃんに関する本をちらっと見るとか、お弁当作りのヒントみたいな本を見るとか、あとはオペラ座の怪人の原作を読んでみるとか…。本も読書も好きなので、まあこれらは買ってもいいな~とも思ってたのですが、実は1番のくだらない?目的は昼ドラの原作探し

 ちょうど、一人で昼ごはんを食べる頃にやってるので、ついつい見てしまうんです。ありえない展開、下手な芝居(失礼)、ドロドロ…なのですが、先が気になってしまうんですよね。じゃあ、原作ででも先を読んでやろう!と思い立ったのですが、同じ考えの人はけっこういるみたいで、予約が埋まってました。オペラ座の怪人の予約はさすがにそれ以上でしたけど…。



 料理の本とか、赤ちゃんの本とか眺めていたら、知らないおばあちゃんがニコニコして寄って来て、赤ちゃんは何月に産まれる?(多分)と聞いてくれました。6月ですって言ったら、こけたらだめだよ(これも多分、聞き取りにくかったんです)って言ってくれはりました。

お腹は張るけど…

いたって、元気です。ヴェスタとたっぷりお昼寝しながら、やわやわやってます。



先週末は、音楽三昧でした(詳しくは夫のブログ参照ってことで)。私的感想は…?



まず土曜に観た、「オペラ座の怪人」。

以前もちらっと書きましたが、私はこれを劇団四季の舞台でも観てるのですが、どっちにもそれぞれの良さがあります。臨場感といえば、もちろん舞台の方が勝ってますし、生の歌声も鳥肌ものです。またシャンデリアの演出(頭上に戻ると共に、回想が始まり、また頭上から落ちてくる)は舞台でしか味わえません。

でも、映画版の方は、舞台では再現できないシーンまで加えられていたり、より人物描写が丁寧だったり、シャンデリアが豪華だったり…。あとは歌詞の内容が字幕で出てきてくれるので、歌を聞き入ることが出来るのも良かったです(ちょっと邪道?)。

そして、映画を観ると、また舞台のほうも観たいな~と思ってしまいました。でも残念ながら今は東京で公演なんですよね

で、この日は夕方から練習だったんですけど、頭切り替えるのなかなかタイヘンでした



日曜は、コーヒーカラーのミニライブ?で高岡に。私的には「ぴーちゃん」が印象的でした。ぴーちゃんは鳥の名前で、飼っていて亡くなったか、逃げちゃったかっていう歌です。初めて、ケーブルテレビの音楽番組で聞いた時は、やたらぴーちゃんと連呼するのが耳について、「何この歌???」と思っていたのですが、生で聴くと…物悲しい。特に「空っぽの鳥かご」ってフレーズが頭にイメージとしてこびりついてしまいました。動物を飼って、亡くした事のある身には特に…。さて、このコーヒーカラー、どこまでメジャーになれるかなあ?

お届け物

昨日のお話しです。

また、朝寝坊させてもらっちゃいました。今日は夕方から練習なので、体力温存のためにも…(言い訳)



で、お昼前にようやく起きて、しばらくすると、荷物が届きました

私のお腹を見て、ペリ○ンのお兄ちゃんも「大丈夫?」って声かけてくれたくらい、大きい箱でした。



さて、このお届けモノは犬友達のchababaさんからで、マタニティ用品のお下がりでした。

chababaさんとは、同じ北陸で、同じフラットを飼ってると言うことで、ネットを通じて知り合って、仲良くして頂いてます。たまたま同じ犬種の犬を飼ったって事から、お近づきになって、マタニティ用品まで頂いちゃう仲になるって、ほんとにすごいし、有り難い事だなって思います。

他にも同じ犬種はもちろん、犬を飼ってるって事で、仲良くしてもらったり、オフ会をしたり、色々と気遣ってもらったり、近々ママ友にもなれる方もいて、しかも犬って安産のシンボル…犬のお陰で出来たつながりは、とてもステキなものになってます



荷物を受け取った後、買い物に行って帰ってきて、しばらくすると、今度はご近所の方が、「掘りたてのをたくさん頂いたから」と大根を持ってきてくれました。「だいぶ大きくなったね~、ちょっと触らせて~」ってお腹ナデナデされました。この奥さんは、今度お嫁に行くお嬢さんが居るようには見えないくらい若々しくて、ピアノの先生で、上品で、いつもメイクも服装もきれいにしてる、とっても気さくでいい方です。寒いのに膝丈のスカートにミュールで、片手に新聞に包んだ大根…いい感じでした



夕飯の用意をしてから、練習に出かけました。久々にバスに乗って、降りたとこからしばらく歩きました。練習場、もう少し交通の便がいいとこだと良かったな。

旅に出たい

相変わらず、本調子でも無いと言うのに、変というか贅沢な欲望が出てきました。

そう、タイトルの通り、旅に出たいのです

もともと、学生の時からOLしてた時までは、小銭を貯めては海外逃亡したり、妹と温泉に出かけたり、結婚しても近場の温泉や、犬連れ旅行、家族旅行に行くのが楽しみでした。



赤ちゃんが産まれてしまったら、しばらく旅行なんて無理だろうから、安定期に入ったらどっか行きたいね~なんて言ってたものの、実際には安定期に入っても安定しなかったり、夫が異動になったりで、なかなか決行しないまま、この時期になってしまいました。

赤ちゃんが出来る前には、友達が留学してるイギリスに行こうと思ったこともありましたが、ココで我慢して、一生の趣味を…と楽器を買って、お金を使ってしまったのでした



春休み前で新聞に旅行会社の折り込み広告はたくさん入るし、新婚旅行で1回使っただけの旅行社からしつこい程パンフレットが送られてくるから、余計にうずうずしてます



でも、最近1番、旅行したい心をくすぐられたのは、「鉄腕ダッシュ」で台湾の温泉めぐりをしていたのを、見たから。台湾も行ってみたいし、食べ物は安くて美味しそうだったし、温泉は気持ち良さそうでほんとに羨ましかった訳です。温泉なら近くにもいい所がたくさんあるというのに、妊婦じゃ入れません



とりあえず、ヴェスタを連れてお泊りでも行こうかと思ってるのですが、ヴェスタのヒート(生理)の予定ばかりは全く分からず、結局旅の予定は立てられないまま。桜の時期に地元金沢や、実家のある京都を観光客気分でゆっくりまわることにでもしようか…。



海外旅行なんかは老後の楽しみに取っておくとして、ヴェスタと子供を連れて、テントを張ってキャンプすることが近い将来の夢です

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ