« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

気付いた事

昨日も倒れかけた私ですが…よくよく考えるとこれは薬のせいではないかと気付きました。婦人科の治療を始めてからは、やたらと薬のお世話になってるのですが、もともと風邪薬でさえ、殆ど飲まなかったので、効きすぎるというのか副作用も大きいのかも知れません。



私のかかってる先生は、説明が不十分という事は無いし、質問すると丁寧に答えてくれるのですが、過剰に心配させるような事は基本的に言いません。ムダに投薬したり、手術する訳ではないですが、リスクより改善の期待の方が大きければ、投薬や手術をすすめるといったタイプのようです。その上で最終的には患者の判断に委ねるという感じです。



今回もフレムーブという張り止めを処方されてるのですが、「お腹が張ると、やっぱり赤ちゃんは居心地が良くないだろうから、少し出しておきましょうか。飲んだ後は、少しゆっくりしてね」と言われたのでした。このフレムーブという薬、確かに、飲んだ後動悸が激しくなることもあるなどと注意書きがあるし、先生も飲んだ後、ゆっくりしてと言ってくれてたんですよね。



でもそこまで、慎重になっていなかった私。とりあえず薬を飲んで出かけた時に、調子悪くしてたようです。これからはもうちょっと、上手にお薬と付き合っていかなくちゃと反省しました。



それにしても、薬使用後1時間程度は安静にすること、ショック症状が出ることがあります…っていうのはフレムーブの注射の方の注意なんですよね。私が服用してるのは「今では副作用がだいぶ軽減されています」と言われてる錠剤なんです。雑で丈夫に出来ているというのに、変なトコだけデリケートなんです

検診

予告通り、検診に行ってきました。土曜の午後は手術が入ってしまう事が多いので、念のため確認の電話を入れたら、やっぱり…。2時半から3時なら、大丈夫と言われて、その時間に合わせて行ってきました。



待合室の患者さんは少なかったので、早く終わりそうと思ったら、「今日は血液検査と羊水の測定してもらいましょう。検査室行ってね。」と看護師さん。と言うことで久しぶりに注射されました。次は羊水の測定。



羊水の測定っていうのは、私のかかっている先生が研究して学会で発表したものだと思うのですが(詳しい事は?)、羊水の量を計測することで、胎児が安定しているかどうかの判断材料になるとの事です。羊水が足りなかったらどうすればいいんだろう?

これは、ベットでいつものようにお腹を出して、エコーの機械を使って色んな角度から、色んな数値を測って、そこから割り出してるようで…つまり、いつもより長い時間お腹を出して、仰向けになっていなきゃいけなかったのです。途中からお腹が少しずつ痛くなって、しかも仰向けの姿勢も苦痛だったのです。終わったと言われて少し落ち着いたのもつかの間で、今度は婦人科に戻って、先生の検診でした。



また、内診して、ベッドで横になって…としてる間にかなりフラフラしてきました。でも、「羊水も十分足りてるし、血液検査も問題無いし、赤ちゃんの大きさも850g強って標準だし、張り止めの薬はまた出しておきましょう」と先生がさらっと言うので大丈夫なんだと思うのですが。看護師さんからカルテを受け取った時には、もう立ってられなくなってしまいました。



ここで、か弱そうな子なら、倒れこむ所だったのでしょうが(看護師さんにも顔色悪いよとか声かけてもらった訳でも無いし)、いかにも丈夫そうで、変に我慢強い私…。何とか婦人科を出て、でもすぐに階段を下りるのはさすがにまずいと思って、廊下のソファーに座り込んでしまいました。

ようやく、少し落ち着いて、階段を下りて会計を済ませました。今日は土曜の午後で病院の薬局が開いてなかったのですが、病院近くの薬局まで夫が行ってくれました。



そんな訳で、今日は病院でくたびれてしまって、オケの練習はお休みしてしまいました。夕飯も夫がごちそうしてくれました。

お腹の調子

ここ数日、お腹の調子があまりよくありません

お腹の張りはひどいし、おまけに壊しちゃうし

夜中に「痛い」ってうなったり、何度も寝返りうったり、トイレに何度も起きたりで、夫を何度も起こしてしまって、悪いと思ってます。



「夜中はごめんね」って謝るんだけど、夫は「え?知らない、起きた覚えがない」っていつも言ってくれます。「大丈夫?」ってちゃんと声をかけてくれたり、腰をさすってくれたりするので、多分起きてるはずなんですけど。気遣ってくれてるようです。

そんな私もキツイと思ったのか、無意識に腹帯を取って寝てることがありました。



張り止めの薬も無くなるので、明日は病院に行くつもりです

出産祝い1万円分

 土日は夫の休みで、またまた買い物など付き合ってもらいました。買い物先で、またもフラフラしてしまい、夫を心配させてしまいました。家に帰って休んでから、練習には参加しました。練習に行ってる間に夫がご飯の用意をしてくれてました。これが土曜日。で、日曜日は、久々にヴェスタを連れて外出。県庁の近くの大きな公園で遊んできました。夕飯は無性にお寿司が食べたくなり…食べに行ってしまいました。鯵と鰯が切れていたのは残念だったけど、いつもながら満足。また、白子食べちゃいました。



 さてさて、タイトルの件です。今朝、起きたら夫が「出産祝い1万円だって」と唐突に言うので、「えっ」と聞き返したら、朝刊を見せてくれました。何も考えず「1万円ってケチだね~」とあっさり言ってしまって、夫に呆れられてしまいました。



 この出産祝い1万円分というのは、金沢市の少子化対策プランの一環で。4月以降、子供を出産した親に、1万円相当のベビー用品を贈るというものです。子育ての必需品を掲載したカタログの中から好きなものを選べるという、全国初の試みなんだそうです。



 ひねくれ者のわたしは、全国初の取り組みというのに、「カタログだったら、ほんとに1万円分もあるのかなあ?」とまたまた冷たいツッコミを入れ、更に夫を呆れさせてしまいました。偉そうに言っておきながら、もらえるのはやっぱり助かります。そして、3月までの出産だったら、間違いなく文句タラタラだったでしょう



 少子化対策…経済的負担の問題だけでなく、精神面、環境面、あらゆる面から対策が進むといいですね。

お隣のT君

 昨日は生協の日。最近あんまし注文が無いようで、お隣のSさんは出てこなかったりするのですが、昨日は出てきはりました。



 私の目立ってきたお腹を、ナデナデして「うらやましいね~」だって。生協のお姉さんマキちゃんも「そうだね~、Sさん頑張れば~」って。言われたSさん、「もう、無理。でも、Tがね、お母さん、うちにも赤ちゃん来る?赤ちゃんきて~って言うんだよ」。



 T君は4歳の男の子で、小学校2年生のお姉ちゃんMちゃんが居ます。T君は幼稚園に通ってるのですが、T君の年齢だと下の弟や妹がちょうど赤ちゃんっていう子も多くて、T君はうちにも赤ちゃんがやってくるだろうと強く信じてるようです



 マキちゃんが、「知ってる子供さんは、ママのお腹に金魚がいるよって言ってたら、やっぱり子供出来てたらしいよ。Sさんもいるんじゃない?」って言ったら、「それは絶対無い!3人は無理」って頑ななSさん。まだ30代半ばだし、ご両親もお元気そうだし、お郷から色々もらってるし、大丈夫だと思うんだけどな(Sさんとうちの夫の出身は、同じ能登の珠洲市ってとこで、親切で情に厚い人が多いのですよ…)。近所に子供が増えると嬉しいんだけど。



 別れ際、Sさんに「T君にお隣は赤ちゃん来るよって言っといて下さいね」って言ったら、「ますます期待されちゃうよ。隣だから次はうちだって、勝手に順番だと思っちゃうよ。」って。

かわいらしいT君、うちの子のいいお兄ちゃんになってね

今更だけど…

<ヴァレンタインの思ひ出>



 我ながら、つまんない話、ネタ無いな~と思いながら、先程のブログを書き終えて、お友達のHPやブログをぐるぐるしてたら、今更ながらこんなことを思い出しました。もしも、当事者がこっそり読んでくれていたらごめんね。



 私にはヴァレンタインデーに「ドキドキしてチョコ渡したよ~」なんて記憶がないのですが、一つだけ一生忘れないであろう思い出がありました。

 あれは大学生の頃…多分2月始め頃、部活の帰り、急に雨に降られて傘が無く困っていたら、親切にも後輩の男の子が傘を貸してくれたのでした。貸してもらった傘を、私はこともあろうに、帰りのバスの中に置き忘れてしまったのでした。



 多分謝って、弁償するとでも言ったと思うのですが、いいよと言ってもらったので、代わりにヴァレンタインデイも近いのでその日に何かお詫びを…と思ったのでした。

 で、チョコ選びも買いにいくのも、もちろん作るのもめんどうだし(^_^;)、ここはジョークも兼ねて私が好きな、近所の和菓子屋さんの桜餅(京都のつぶつぶした生地にあんこが入ってるものです)と紙パックの日本茶をあげたのでした。



 私としては、しゃれとお詫びのつもりだったのが、もらった本人はたいそう喜んだらしく、向こうは向こうでお返しを一生懸命考えてくれたらしいのです。



 で、ホワイトデイに返ってきたのが、「手作りのマドレーヌ」。その一連の桜餅とマドレーヌのやり取りは、周りに知れ渡って、あらぬ誤解を受けるやら、うちの家族にはウケるし。食べるのには勇気が要った…。



 そして、ヴァレンタインデーになると、チョコとともに、「あ~、京都の桜餅食べたい」って思うのでした

久々です…

3連休もヴァレンタインも終わってしまいました。

このところ何をしていたか、詳しくはうちのHPや夫のブログを見てやってください。



3連休の初日に犬仲間さんたちと、雪上オフをしてきました。元スキー場というだけあって、雪たっぷり、そして誰も来ないという絶好のスポットでした。

犬も人も大はしゃぎで遊んできたのでした。

私はというと、もちろん控えめに。ズボンを重ねはきして、雪山に登ることもなくみんなの遊ぶ様子をながめて、時々雪玉投げたりしてたのですが…。ずっと立っていたので、そろそろ休憩しようかなと思って、車に戻ろうとしたところ、ふらついて雪の上にパタンと…。どうも少し貧血気味のようでした。

皆さんの心配をよそに、倒れこんだ雪の冷たさと、触感が心地よくて、すぐに正気に戻って、休憩して差し入れのおでんを堪能。

それでもそんなことがあったものだから、このところまた少し謹慎してます。



だらだらしてるものだから、料理はちょっとだけ頑張ってみて、鯖を丸1匹調理したり、春巻きを作ってみたりしました。

ヴァレンタインデーにもほんとはガトーショコラを焼くつもりだったのですが、卵を切らしたので断念。最近卵が高いからって買うのを渋ってたので。義父が鶏を飼ってるので、卵を持ってきてくれるのを待つことにしました(昨日頂きました)。



今日はようやくお天気も良さそうなので、少し外出してみようか…。

歯医者

妊娠してから、急に吹き出物ができたり、お尻に湿疹ができてかゆかったり、ちょっとした体の変化というのがあります。特に困ったのが、歯茎からの出血。急に出血するのも気持ち悪いし、歯磨きしたらもっと出血して気持ち悪いし、ただでさえつわりで歯磨き辛かったのに。

少し前から、歯茎ケアする歯磨き粉を使い出しましたが、この歯磨き粉…めちゃマズイ



妊娠中に、歯科検診も1度は無料できるというので、つわりがおさまったら行こうと思ってたのですが、おさまった頃に雪。実は前の冬、雪の時期に歯医者に行って、その歯医者の急な階段でこけたという、嫌な過去があるのです。お腹が大きくて、あの階段でこけたら…と思うと恐くて行けないのです。

家のもっと近くにも、階段のない歯医者はあるのですが、住宅街にあまりにもひっそりと建っているので、どうも入りづらいのです。

悩んでいる間に、雪は解けたものの、今度はつわりが戻ってきてしまいました。出血も少しは減ってきたんですけどね。



思えば、小さい時通ってた歯医者は、後からヤブだったとか言われてましたが、その後は妹の同級生のお父さんがしてる歯医者さんに通い、また従兄も歯医者になったので、歯医者通いに困ることはありませんでした。よくトラブルを聞く、親知らずも従兄にきれいに抜いてもらって、腫れもほとんどありませんでした。こっちに来てからは、歯医者選びも困りました。これから、子供ができて、小児科や、幼稚園やら…まだまだ色々悩むんだろうなあ

つわりが戻った?!

このところすっかり、順調だったというのに、なんだかつわりが戻ってきたよう

数日前にお腹を壊して、ちょっと不調かな、ただの食べすぎ?なんて思ってたのに、ここ2日間、少し気持ち悪いのです。寝てる間にも気持ち悪くなって、寝返りを繰り返したり、うなったりで夫を度々起こしてしまいました。そんな感じだったので、寝坊して、夫は自分でお弁当を準備して出勤してくれました。ほんとにごめんね。



ところで、今回のつわり、初期のと違っていわゆる食べづわりっぽいのです。何かを口にしてないと気持ち悪いのです。お茶を飲んだり、飴をなめたりで何とか紛らわせているのですが、甘いものを口にすると、次はしょっぱいものが欲しくなったりで、タイヘン。これではますます、太ってしまいそう。



今日は少し暖かくて、お天気もなんとか持っていたので、郵便局とスーパーに出かけたので、みかんと禁断のポテチを買ってきてしまいました。ところが、帰ってきて食べてみると、このみかん、美味しくない…。ショック。



さて、夕飯は夫の作ってくれたカレーがあるので、私は気を紛らわすために久々パンでも焼こうかな

西○屋

昨日、夫に頼んで西○屋に連れて行ってもらいました。



というのも、今度3月の演奏会のために、衣装を探し始めなきゃならないので

通販のカタログも取り寄せてはみたものの、体型が(特に下半身)合う自信は無いし、

改めて、マタニティ服っていうのはどこで探せばいいのか分からず、大きいスーパーのマタニティコーナーとかのぞいてみたものの、たいして品揃えは無く、しかも黒って限定されてるし。期間限定の洋服にかけれるお金も限られて…って訳で思いついたのがココ。



実はかつて、西○屋やベビー○ラスと並ぶ、某ベビー用品チェーン店に勤めていた私。西○屋も、何度か市場調査に出かけてレポート提出したことなどありました。結果、品揃えや、商品陳列の仕方や、雰囲気…あまり好きではないのです。私が前に勤めてたお店は石川県下には無くて、実はとても便利な店で働いてたのだと思い出すのでした。その頃は自分が出産はおろか、妊娠、結婚すら全く考えられませんでしたから。



西○屋も、さすがにマタニティーの洋服はあんまり無くて、最終手段って事で、一応黒いズボンを一本と今のトコ1つしか持っていない妊婦帯1つを購入。結局、上の洋服は用意できず。普通のチュニックのブラウスでもいいかなあ(ってこれも真っ黒となると、やっぱり探さなきゃ…)?

 先月末から、こっちも寒波の影響で雪が続き、まだ少し残っています。といっても去年よりは少ないです。新潟の方はタイヘンそうですね。これ以上被害が大きくならないように祈るばかりです。



 久々のまとまった雪に少しテンションが上がって、「少しだけ」とヴェスタと外に出て、空き地で走らせて、その様子をデジカメで撮ってたのですが、足元に注意してなくて溝に落ちました。こっちでは除雪のために側溝が網でふたをされてたり、されてなかったりで、雪で埋もれていた側溝にズボズボっとやってしまった訳です。

 見事にヒザに擦り傷を作ったので、黙ってるわけにもいかず、帰宅した夫に「溝に落ちた…」って言ったら、「外出禁止」とあっさり言われて、次の日はおとなしくしていたのです。



 次の日はおとなしくしてましたが、その翌日、体もなまってるし、ちょっとだけって雪かき。今度は隣の奥さんからダメ出し。



 さらに次の日、昨日。生協のお姉さんに「この辺りはまだ雪残ってるね~」と言われて、「除けなきゃいけないんですけど、みんなにダメって言われちゃってね…」と言うと、「そうだよ、ダメだよ。旦那さんにしてもらえばいいよ~」って。

朝は少しでも雪かきしてってくれてるし、帰ってきてからじゃ、まだ慣れない職場で疲れてるから可哀想なんだけどなって思ってたら、

「お願いするまでもないよね。旦那さん優しそうだもんね。何でもしてくれそう。けんかとかしないでしょ、2人とも温厚そうだもんね。」と言われてしまいました。

「けんかはしますよ。あんまりしない分、かえってたちが悪いかも…。」って答えたら、「ためちゃう方なんだ、でも、もの壊したりとか、激しくなくていいよね。」だって。このお姉さんはどんな夫婦喧嘩をしてるんだろう?。



 で、ほんとのトコは2人ともそんなに温厚じゃありません。喧嘩が少ないのは夫がかなり我慢してくれてるのだと思います。まあ、もともと価値観は似てるような気がしますが。でも、私もオトナになったのか、少し気は長くなったと思います。多分、接客業をしていた賜物だと思います。

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ