« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

お買い物

今日は夫のお休み。

先週の土日はバタバタとしてしまったので、今日は2人でドライブがてら買い物に出かけようかと言ってたのでした

お天気があまりに良かったので、ヴェスタとも遊んであげた方が良かったかなって少し思ったんですけど。ヴェスタごめんよ。



お買い物は富山県の某ショッピングセンターまで。金沢からは1時間ちょっとなのですが、道中がなかなかのどかでドライブするには良い感じで、お店もわりと充実してます。今日の道中も畑や山には雪が残っていて、日に照らされてきれいでした



まず、ランチ。オムライスを食べました

それから雑貨屋さんとか、コムサとかを見て、無印で気になっていたコートを購入。暖冬のせいかもう半額以下になっていたこのコート。マタニティからママコートまで使えるというものです。以前にお店で見かけて良くできてるな~と思ってたものの、買うのはもったいないかなと思ってたものでした。最近さすがにお腹が大きくなって(太って?)コートがややきつくなってたので、思い切って買ってしまいました。



勢いがついて、本屋さんで始めてプレママの雑誌を買いました。というのも、気になっていた赤ちゃんの超音波写真の見方の特集もあったり、出産準備用品の選び方なんかもあったので(今から買うものを厳選しようと思いまして…)。

その後、映画館のショップで、「オペラ座の怪人」のパンフを購入。夫と今度、観にいこうと言ってるのですが、その予備知識を入れるためにです。私自身はこの「オペラ座の怪人」を劇団四季のミュージカルでも観てるのですが、ミュージカルってなかなか話がつかみにくいから、パンフレットを先に読んでから観てみるのはどうだろうと考えてみたわけです。だから、今度観にいきますよ



あとはマタニティのコーナーなんかちらっと見て帰りました。帰りに近所のドラッグストアの閉店セールに。そんな大きな店でもないのに、駐車場はいっぱいで普段は居ないガードマンまでいました。全品通常価格の20%オフだったんですが、やっぱり皆さんよく考えてお買い物してるようで…目当てのものは結構、やられてしまってました



夕方からは練習に行きました。そういえば、そのプレママ雑誌に胎教やら、お腹の中で聴く音楽のことが少し。モーツァルトやビバルディを聞かせてあげるとリラックスします。ベートーベンなどでは暴れることもあります…え、ベートーベンどころじゃない派手な楽曲ばかり練習してるんですけど

やっと晴れた~

今日は久々の

何となくまだ、お腹痛いけど、洗濯したい、布団干したいってことで、夫を送り出してからフル稼働。とりあえず2階の窓を開け放って、布団を全部干して、洗濯して干して…やりきったら干してる日中は寝てしまおう、と大胆な計画。

夫は何でも率先してお手伝いして(私の方がお手伝い程度?)くれますが、日中はいないのでこればかりはお願いできません。



思えばこっちに嫁ぐとき、父が「北陸はいいとこだけど、冬が心配やなあ。食べ物は美味しいけど、すっきりしない天気が続いて鬱気味になるらしい。」などと心配されてました。ところが1年目は何かバタバタしてる間に冬が過ぎ、2年目は雪がどさっと降っては晴れてたから、その間にせっせと雪かきして、ヴェスタと雪遊びしていい運動になった~、さて勉強しなきゃとやってる間に冬が過ぎた。2年目はむしろ楽しかったような気が。でも、この冬は確かに憂鬱です

ただでさえ、身重で外出しにくいのに、スッキリしない日が多くてこもりがちだし、洗濯物は何とか部屋干しできるものの、布団はジメ~っとして。布団乾燥機を買おうかと思ったものの、手頃なのが売り切れていて、それ以来考えてません。



さて、次の冬は赤ちゃんと、ヴェスタと過ごす冬の日中、どうしていることやら

マタニティ教室

今日は、通院している病院主催のマタニティ教室なるものに初参加しました。

教室は昼過ぎからだったので、その前にパパさんの誕生日プレゼントを探しにお買い物に。久々1人で街に出たもので。



プレゼントにはスーツに合って、かつ使い勝手の良いバッグと思ってたので、あっさり決めました。今までは普段着でチャリ通をしてたのでリュックを持って行ってたので、ちょっと気になっていたのです。これからリュックはマザーバッグならぬ、ファーザーバッグとして活躍するでしょう

目当てのものを見つけたら、早々に退散。正直なところ私は金沢のデパートがあまり好きではないのです。都会の大きすぎてテナントいっぱいのデパートも苦手なのですが…。やっぱり、京都のデパートが性に合ってるのかな。こじんまりしてるのに、お店はわりと充実していて、程よい活気と上品さがあって。金沢というか、石川なら郊外のショッピングセンターの方が好きです



さて、マタニティ教室。今回は妊娠中期前後に受講するもので、主な内容は母子手帳の活用、母乳育児の大切さ、マタニティヨーガといったところでした。まず、婦人科の方で赤ちゃんの心拍だけ確認して、場所を移動して教室が始まりました。

母子手帳は後々子供さんが学校で使ったりすることもあるので、色々見やすく記録しておきましょうねという話。母乳はたいてい誰でも出るから、あまり思いつめないで。母乳育児はとても大切なことなんですよ。赤ちゃんが産まれて本能でおっぱいを飲める訳じゃなくて、母子ともに学習して、からだで覚えていくんですよ。という辺りが主なお話で、メインはマタニティヨーガでした。



私は妊娠してから仰向けに寝るのが辛くて、ヨーガのリラックスのポーズさえ若干しんどかったのですが、色んなポーズをとったりして、ゆっくりこなしていくうちに、体がほぐれたのか終わる頃にはスッキリしたように思いました(後でやっぱりお腹痛くなりましたけど)。



講習終わって、助産婦さんに個別におっぱいチェックなるものを受けました。私の場合、若干乳首が短いかも…らしいです。きつい下着をつけずに、時々乳首をひっぱってやってね…ということです。最後に一言、「大きい赤ちゃんが産まれそうだね~、お父さんも大きい?」だって。ドキドキです



ついでなので、検診も受けて帰りました。360gほどでいたって順調とのことでした。「もう自分で動くの分かる?」って先生から聞かれたのですが、普段からお腹はよく鳴ったり、調子悪くしたりっていうのが多くて、未だにどれがほんとの胎動なのか分かりません。さすがに、蹴った!とかは分かるようになるんだろうか?。1月は2回目の受診になったからか、「今日の診察料は少し頂きますね」って、先生、申し訳なさそうでした。そんな先生だから、やっぱりこっちで産もうかと決心しつつあります。

今日は頑張りました

 お腹が張るだの、夫が異動しただのって、なんか生活のペースを崩したままダラダラ過ごしていたのですが、今日は頑張りましたよ



 というのも、今日はまず町内の「女性防火クラブ」の会合と救急講習会がありました。ここ金沢では、町内会や公民館といった地域ごとの活動がさかんで、今年度は役の当たる年なのです。昨年末の冬の火災防止運動(いわゆる火の用心の呼びかけ)のときは、つわりもひどくて、夜出かけるのも辛くて、パスさせてもらったこともあったので、今回は参加しました。しかも、お昼ご飯は出してもらえるし、救急講習会では新しい消防署(金沢は昨年秋、立派な最新鋭の消防署ができたのです)の見学もできるしで、むしろ喜んで参加してきました。



 お昼ごはんは近所の一応割烹と名のつくところで、お刺身や天ぷらがついたミニ会席でした。味もボリュームも満足でしたが、さすがに全部食べ切れませんでした。私的には鱈の白子が食べられたことが嬉しかったです。



 昼食後、消防署に移動して、講習会。救急救命士の方に、人工呼吸や心肺蘇生法、三角巾を用いた応急処置などを習いました。クラブの世話役の方と、救命士さんの計らいで、私だけ赤ちゃんの人形を使った、人工呼吸、心肺蘇生をさせてもらえました。

 講習の後、指令センターを見学させてもらいました。金沢市内の一般電話からと、金沢とその周辺の携帯電話からの119番通報を全て処理しているのがここです。見学中も通報が入りましたが、電話から場所を特定し、その場所の一番近くに居る消防車または救急車を特定して、出動命令を出してという一連の流れは、技術の進歩もあって本当に早かったです



 講習と見学の後、近くのスーパーまで夫に迎えに来てもらい、少し買い物をして帰宅。夕方から今度はオケの練習に行きました。2時間半みっちり練習



 という訳で、今日は久しぶりに1日中しっかり活動しました

検診

このところ、お腹の張りがひどくて、痛くて夜中に目を覚ましちゃったことも度々。

でも、今までも出血したり、お腹が痛かったり、って事がよくあったので、成長してるからかな~なんて、済ましていた私。

土曜しか病院に連れてってあげられなくなったし、やっぱり行っておこうって夫が言ってくれたので、年明け初の検診に行きました



土曜なので、まあまあの混み具合。少し待たされて…今日はすんなりとベッドへ。

赤ちゃんはいたって、順調で300g強に成長したらしいです。

「確かに張り気味だね、忙しくしてるの?」「いえ、全然」と、マヌケな会話をして、お薬を出してもらいました。



夕方からは、今年初の練習に行ってきました。ヴィオラは、今日なぜか出席率が良くて、楽しんで弾いてきました

久々の練習で肩凝りはひどかったですけど。



練習後迎えにきてもらって、外食して帰ってきてしまいました。手抜きです

夫の異動

昨日から夫が同じ社内で異動になり、勤務地や勤務時間が変わってしまいました。



今までの夫の仕事というのは、新聞の印刷に携わることで、夜8時から翌朝4時までの勤務が3日、昼1時から夜9時までの勤務が1日、朝10時から夜7時までの勤務が1日で休み2日というのが1週間のおおよそのパターンでした。



結婚してからというもの、もともと低血圧で(言い訳?)朝が弱いっていうのもあったのですが、夜の電気代が安いので夜に家事をまとめてするとか、夜中に勉強してたりで、何となく夫の生活にあわせて、遅寝、遅起きの生活でした

妊娠してからは異常に眠たい日が多くて、早寝遅起きという更にダラダラした日が続いてました



それが、今回の異動で夫は毎日、朝8時30分からの出勤になり、がらっと生活が変わったのです。

といっても世の中のたいていの会社勤めの人は、同じか、通勤時間がかかるなどで、もっと早くから活動しているのでしょうが。

思えば私は社会人になって、ほんの始めだけ、本社研修のためかなり早起きして、通勤ラッシュを体験して、しんどい思いをしたのですが、店舗の配属になってからは、就業時間こそ長いものの、電車は混まない路線だったし、遅番の日はあるしで、わりと朝は楽だったのです。仕事を変わってからは、朝は早くなりましたが、勉強をしながら週3,4日の勤務でしたし、自転車で15分ほどの場所だったのでこれもまた楽をしたわけです。



で、大学まで遡ると2回生まではキャンパスが遠くて、1限目からというと確かに大変で、1限目の無い日は朝にバイトを入れてる日もありましたが、毎日早起きしてたわけではありませんでした。3回生になるとキャンパスが随分近くなって、1限目からでもわりと余裕で、また同じように朝バイトに行ったりもしてました。

毎朝、ちゃんと起きてたというのは、高校生まで遡るわけです。こんなことでよく学校に通えていたな、若かったのかなと妙に感心してました(学生は長期休暇があるのですが…)。



夫への感謝はもちろん、働いてる全ての方、毎朝の通学、朝の家事をして家族を見送ってるお母さんまで、お疲れ様ですと心から思うのでした。



新年会

先日1/9、所属するオーケストラの新年会がありました



新年会の前に、業務委員会という集まりもあって、一応業務委員でもある私は、そこから参加しました。

オーケストラの方は、6月の演奏会にも出られないということで、お休み中なのですが、何しろ人手不足なので、業務の方はお手伝いさせてもらってます。



今回の主な議題は、演奏会の共催と、プログラムに掲載する広告について。

共催、広告をお願いすることで、演奏会にかかる費用の一部がまかなえるので、アマチュアのオーケストラにとっては大切なことなのです

私も何件かお願いしに行くことになりました。

でも、毎年決まったとこにお願いに行って、承諾して頂けてるようなので、結構気が軽いです。学生の時は、「新規開拓」ということで初めてのとこに飛び込みで行ったり、身内に頼んだり、挙句の果てには「何年度生」と卒業生でお金を出し合って名前を連ねることも…



そして、新年会。

旅館での開催っていうだけでびっくりだったのですが、一人ずつのお膳が広間に並べてあって、なんか不思議な感じでした(しかも大きなロの形に)。しかもくじ引きで席を決めました。

お偉いさんのお話と乾杯で宴が始まりました。



前日、旅館の場所がよくわからなかったので、HPを見て場所を確認したのですが、HPによるとカニ料理が好評っていうことだったので、少し期待してたのですが、あまりカニは無く…でも上品なお料理でした。お酒が飲めないのはとにかく残念でしたが

音楽の話よりは、赤ちゃんの話や、家庭の話をしていたように思います。一緒にヴィオラを弾いてる助産師さんともたくさんお話できたので、よかったです。

丼物

実家から帰ってきての話です。



お正月は、すっかり楽してしまい、なかなかお正月気分が抜けないのと、京都との往復に雪や渋滞で時間がかかって、思った以上に疲れたのとで(運転していた夫はもっとしんどかったでしょう)、やたら眠かったり、少し腹痛があったりと体調がすっきりしませんでした。



二人だとただでさえ、食事が簡単なものになるというのに、そんな調子なので2日にわたって、丼が続いてしまいました。



まず、1つ目は「木の葉丼」。これって、関西のものなのでしょうか?こちらでは見かけません。好きなので、残念です。

簡単に言うと、かまぼことお揚げを卵でとじて、ごはんにのっけた丼です。

お正月用のかまぼこや、京都のお豆腐やさんのお揚げをもらって帰ってきたのもあったので、作りました。

ちなみに、次の日のお昼は、甘辛く煮たお揚げと、かまぼこ少しを残しておいて、きつねうどんにしました。



で、2つ目は「まぐろユッケ丼」。

また、急にお刺身が食べたくなって、まぐろ赤身100g=100円という広告の品を見つけて、買いに行きました。

あるにはあったし、身もきれいそうだったのですが、塊が2人で食べるには大きい

売り場のお姉さんに、「この大きさしか無いですか?」って尋ねたら、「ええ、特売ですのでこれしか…すみません」と親切かつあっさり言われてしまいました

仕方なく400gくらいのを買ってきました。

今思うと、一部をお刺身で食べて、残りを丼にすればよかったと思うのですが、深く考えず、かぜの予防にもにんにくやねぎなんかをたっぷり入れて、ユッケ風にしようかと全部を味付けしてしまったのです。

その結果、たっぷり出来てしまいました。しっかり味もついてるから、ご飯もたっぷり食べるハメに。でも、私は食べられる量が限られてるので、夫がおそらく無理して食べてくれました。



まぐろはDHAも豊富だっていうけど、しばらく食べたくありません

続・京都のお正月

お正月気分もすっかり抜けなきゃいけないはずなのに…。



正月2日目。

お昼から、ワンつながりのお友だちと会う約束をしてました。

で、朝は遅くに起きて、おせちとお雑煮食べて、ゆっくり支度…。

嵐山・高雄ドライブウェイの途中にできたドッグランに行きました。

実家の周りも少し雪が残っていましたが、高雄の方は更に雪が残っていました

ドッグランの周りも雪が残っていて、ヴェスタは大喜びでした。

ランはというと、雪が解けて、ドロドロの状態。お正月というのに、お客さんも私たち以外にもたくさん居ました。



犬遊びで、汚れるのはもう慣れっこで、さすがに走り回ることはしないものの、ワンたちの喜ぶ様子を楽しく見たり、ワンコをなでなでしてました。

お友だちとも久々に会えて、嬉しかったです



お友だちと別れて、せっかくこの辺りに来たのだからと、少しドライブ

お気に入りのお寺の1つ、愛宕念仏寺に立ち寄りました。

念仏寺といえば、化野念仏寺が有名なのですが、その近くにある、こちらの念仏寺の方がユニークです。

京都といえばサスペンスドラマの舞台…ですが、この念仏寺もサスペンスドラマで知りました。個性的な石仏がたくさん並んでるのを見て、ここはどこ?って思ってたら、また別のドラマで、地名が出たので、行ってみたのがきっかけです。

機会があればぜひ、訪れてみて下さい



帰りにお茶でもと思ってたのに、すっかり泥だらけだったので、ケーキを買って帰ることにしました

ケーキ屋さんも大繁盛でした。



夕飯は、伯父の中華料理屋さんでも、挨拶がてら行こうかと行ってみたら、ここも大繁盛。店内で食べるのも大変だろうと、持ち帰りにしてもらいました。

久々の中華、いっぱい食べてしまいました。

京都のお正月

今年のお正月は京都に帰ってきました。普段は何かと口うるさい母ですが、私が妊婦になった途端、過保護にされてるので、だらだらした正月を送ってしまいました



元旦の朝、京都に着いて、おせちやお雑煮食べて、だらだらとテレビを見た後、初詣に行きました。あまり混む所にも行かない方がいいということで、近所であり、安産等で有名な「わら天神」にお参りに行きました。ここは産まれてくる子供が男の子か女の子かをわらで占うことからこの名前がついているのですが、今回は占ってきませんでした。次のお楽しみ



初詣の後は伯母の家へ。伯母の家も近所で、小さい時から入り浸ってるし、結婚してからも帰省の度に夫を連れて行ってる伯母の家なのです。伯母の家に着いたら、またごちそうになってしまいました。伯母の家ではいとこや、いとこの子供達にも会いました。



実は私の母は9人兄弟で、親戚はとても多いのです。今回伯母の家にはもう一人の伯母と、その息子・娘(つまりいとこ)と、その奥さん、子供、そしてうちの両親、私、夫、妹2人で計、23人が居たようです。でも、よく考えると、以前はもっと集まってたので、私にとってお盆やお正月は賑やかなのが当然だったのです。夫は圧倒されてたと思いますけどね。久しぶりに会ったいとこにも、おめでたを喜んでもらって、また、従兄弟とそのお嫁さんに、ベビー用品やマタニティ用品を頂きました



こんな賑やかなお正月を、生まれてくる子にも味あわせてあげれるといいなあと思うのでした。次の日もまた楽しいことがあったので、それはまた。

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ