トップページ | 2005年1月 »

2004年12月

久々の検診

 妊婦の日常と言いながら、妊婦らしいことを書いてきたような、こなかったような…

で、今日は年内最後ってことで検診に行きました。



 いつも、なかなかの混み具合なので、年末って事もあって覚悟して行ったのですが、そんなに混んでない。ラッキーとか思ってたけど、そうでもなかったみたい。いつも2人いる先生が1人が手術でいなくて、しかも少しややこしい患者さんや、初診の患者さんが多かったよう。



 尿検査して、体重を量って、血圧測って、でベッドに横になってお腹出して待ってたのに、しばらくして「先に血液検査行ってきて」とナース。もう、この病院とも1年以上の付き合いになって、段々と勝手が分かってきた私。このナースはベテランで、忙しいとほんとに恐いけど、的確で、仕事が速い。素直に従うことに。

 注射も慣れたもので、採血くらいでは何とも思わなくなってしまいました。自分から親指を中に入れて手をグーにして、力抜いて、とやってしまうようになりました。

 採血から戻って、またベッドへ。緊張するとすぐお腹にくる私は、こうやってお腹を出して待ってなきゃいけない時間が実は一番の苦痛なのでした。



 それでも、さっきのナースが「先生、ベッド先(すっかり、命令)」と言ってのけて、ようやく診察。赤ちゃんはいたって順調でした。今、推定130gほどだということです。

ベッドが終わったら、次に内診。何とか一緒にできないものかと思うのですが…移動。



 内診終えて、先生とお話。全く問題ありませんてことでした。そして、今回の診察は補助が出るので、診察料は無料だそうです。おそるおそる里帰り出産のことを聞いてみました。「今までがあるから、一緒に喜びを分かち合いたいじゃない」ってさらっと言われました。その後で「もちろん、貴女が一番思うようにすればいいんだよ」って。

真意は分かんないけど、でも今までのことを思うと、ほんとに心から言ってるんだろうなとは思います。不妊治療で優れたお医者さんていうのは、結構それを専門にしてるから、逆に出産までは見届けられないお医者さんも多いのかなと思います。

 そんな中で、どっちにも力を入れてる先生。どっちにも力を注ごうという気持ちが、より分かったような気がします。で、私はどっちで産もうか悩まされるのでした。

M-1グランプリ

こう見えて?、お笑いも好きな私。

京都に居たときは、年末と言えばお笑いの特番が多くて、これまたお笑い好きの妹とよく見てました。

ココ金沢では、ややお笑い番組が少ないのが残念。特に関西の若手芸人はあまり見られません。



でも、そんな金沢に来てから、生の芸人さんを見る機会が訪れた事もありました(しかも無料で)。意外と地方の営業は狙い目だったりするのかも。

マギー審司、パペットマペット、だいたひかる、フットボールアワー、アンタッチャブル、$10、シャンプーハット、この人たちみんな、金沢や近郊で見ました。



で、今日はM-1グランプリ。今年は番狂わせだとか、審査員の問題とかいろいろで、どうかなと思ってたけど、やっぱり、見ちゃいました。

決勝進出の中ではやっぱり、アンタッチャブルが優勢かなとは思っていたのですが、敗者復活によっては、どうだろう?っていうとこが私なりの見解(偉そう)でした。

敗者復活ではぜひとも、関西の芸人さんにがんばってほしいと思ってました。



で、敗者復活では麒麟が登場、健闘したものの、優勝には及ばず…。で優勝はアンタッチャブル。ダントツの評価でした。



それにしても、何事も頂点を目指すってすごいことだと思います。真剣に取り組む姿にも、感動を覚えます。

アンタッチャブルは生の漫才も見たことがあるのですが、スーパーにあるたいして大きくないホールで、整理券さえあれば見れる公演で、観客はござに座って…、なんて、状態だったのに、それでも、ご当地のネタを入れたり、観客と話をしたり、手を抜いた感じなんかも全く無かった事が思い出されます。やっぱり、プロなんだなって思います。彼らがグランプリを取ったこと、私もなんだか嬉しく感じたのです

クリスマス クリスマス ♪

最近ややつわりが戻ったり、お腹痛かったりで、夫も昨日、今日、仕事でクリスマスらしいことは何も無しかと思っていたら、なんと続々とプレゼントが届きました



夫に一足先にCDとカバンを買ってもらっていた私。またまた、プレゼント頂けるなんて、思ってもみませんでした

まず、昨日はchababaさんから、ヴェスタのカラー(首輪)とクリスマスカード。

次に、ネットのお友だちのMegさんから、キリ番プレゼントだった、ベビースタータセットと一足早い年賀状。

そして、今日、親友のルルちゃんから、日記見てるよ~ってクリスマスカードとお紅茶。

プレゼントももちろんだけど、それぞれのカードに、更に暖かいメッセージが添えられているのもほんとに嬉しかったです。



来年のクリスマスには、一人増えてるんだなと思うとほんとに不思議です。

今日は夫のためにピザでも焼こうかと考え中です。

妊婦げんをかつぐ

昨日は冬至。暖冬と言ってもようやく冬らしい日でした。でも、ここ金沢では観測史上、初雪がもっとも遅い冬らしいです



昼頃の情報番組で「今日は冬至です」と改めて聞いて、かぼちゃぐらい食べなきゃと思いました。前日久々に夫とゲームなど遅くまでやっていたので、朝からだらだらしていて、今日の夕飯もありもので済ましちゃおうかなどと思っていたのですが。



夫も付き合ってくれるというので、買い物に出かけ、かぼちゃと今晩のおかずにお魚の切り身でもとブリを買おうとしました。なぜか、最近ブリが食べたくなるのですが、お腹の子はよほど出世願望が強い?。ブリは生の切り身を買おうと思ってたら、惣菜コーナーにもっと大きなしかも照り焼きが…ってことで、手抜きさせてもらうことにしました。かぼちゃの横には柚子も山積みになっていていい香りがしてたんですが、入浴剤で我慢…ってことにしました。



で、夕飯はごはんと、ブリの照り焼き、白和え、お味噌汁になりました。昼の番組では「冬至にはかぼちゃの他にのつく食べ物を食べるのもいいらしい」と言ってたと勘違いしてた私は、朝食にパン、ごはん、(白和えに入ってた)ほうれん草、にんじん、こんにゃくなどと一人で満足していました。実際には、の二つつく物、にんじん、れんこん、ぎんなん、うどん(昔うんどんと言われていた)などがいいとされてるらしいです。他にもこんにゃくは砂をあらう(体内の悪いものを掃除する)とか、かぼちゃの別名が「冬茄子(とうなす)」というので、頭にのつく、とうふがいいらしいとか、様々な話があるらしいです。すっかり、勘違いをしてたのですが、白和えを食べたおかげで、豆腐、にんじん、こんにゃくと食べられました。白和えも無性に食べたくなるもの一つだったので、白和えベースという優れものに茹でたほうれん草を足しただけなんですけどね…



そして、柚子湯に入ろうと何種類か入ってる入浴剤の箱を見たら、柚子が切れている!仕方なしに、なんか柑橘系でとオレンジシトラスなどというもので、ごまかしました。

音楽

私はアマチュアながらオーケストラに入っていて、ヴィオラを弾いていて…とクラシック音楽のことを書いてましたが、別にそんな音楽ばかりが好きな訳でも、強いて詳しい訳でもなく、普通に最近の歌手の歌も聴きます。今日も紅白の曲目決定を興味津々で見てました



そして、好きな歌手の一人に「小田和正」がいます。歌詞もステキだし、心地よい高音も、きれいな優しいメロディーもとても好きです。

好きになったきっかけは、中学の校内での合唱コンクールにオフコースの曲が何曲かあって、いい歌だなって興味を持ち始めたことと、「ラブストーリーは突然に」の大ヒット、小田和正が優しい、いとこのお兄ちゃんに似てるとこからだったと思います。



あまり、メディアに登場しない小田さんでしたが、秋から小田さんの音楽番組が始ると知って楽しみにしていました。せっかく、始まった番組でしたが、その辺りからつわりで体調を崩してしまって、ビデオを撮ることもできない日もあって、欠かさず観ることはできませんでした。でも、観れた日は癒されて、気分良く眠れたのでした。



そんな番組が、昨日最終回を迎えてしまいました。当然、私も聴き入って、見入ってたのですが、私以上に聴き入っていたのが、なんとヴェスタ

お気に入りの座椅子にも乗らずに、テレビの前に横たわってうっとり。曲が終わって、CMになると、さっさと座椅子に移動。なかなか、面白い行動でした

練習

今日は久しぶりに自分の所属してるオーケストラの練習に行きました

実はこっちのオケ、演奏会の本番が出産予定の6月。

さすがに、出ることができないので、他のオケの3月の本番に、お願いして出してもらう事にしたのです(それが、先日の練習)。



で、今日はベートーベン、交響曲第7番の練習。本番は出れないものの、胎教にもいいからと練習にちゃっかり参加。

高校、大学とオーケストラに所属していて、今年の春から地元のオケに入ったのですが、学生時代はわりと派手な曲ばかりを弾いていたので、ベートーベンやモーツァルトの中でも、わりと古典的でこじんまりした曲は苦手だったりします。で、今日も苦戦。

それでも、楽器を弾いて、更に合奏できるのは楽しいです。



一緒にヴィオラを弾いてるひとりが、通院してる産婦人科の助産師さんだったり、ヴァイオリンの人がその産婦人科の先生の同級生で、よく知ってるとか、不思議な縁もあるオケなのです。

ヴェスタの呪縛

愛犬の話を少し



うちの愛犬ヴェスタは、フラットコーテッドレトリバーという犬種です。容姿は黒い(実際にはレバー色のものも居ます)ゴールデンレトリバーを想像してもらうといいでしょうか?

私は小さい時から犬を飼っていて、慣れない土地に嫁いだ寂しさもあって、やはり犬を飼い始めたのでした。



でも、室内犬(大きいけど家の中で飼っています)を仔犬から飼うのは、実は初めてで、最初は夜鳴きやしつけに、てこずりました。仔犬1匹手を焼いて、自分の赤ちゃんが出来たときはどうすればいいんだろうと自信を失くした時もありました。そんな時にも夫婦で色々話し合ったり、工夫したりと乗り越えてきた事が、今改めて大切なものになったなと思います。



そんなヴェスタも、今ではだいぶ落ち着いて(やっぱりやんちゃな時もありますが)、ヴェスタのお陰でお友達もできて、ホームページを作ってみたり(ブログもその影響です)、何より楽しい生活が送れています。

同じ女同士だから本能で感じ取っているのか、私に赤ちゃんが出来てからというもの、私の前では余計におとなしい気がします。逆に夫の前でははしゃぎすぎのようですが…



最近はたいてい夫が行ってくれるのですが、どうしても、という時には私が行く散歩もほぼ問題はありません。

ただ、何故か最近の私との散歩では「用」をしぶるのです。

ヴェスタは普段ほんとに「快腸」で、こちらがスッキリしないときには拝むほどです

それが、昨日の散歩では出なかったものだから、どういう訳かこちらも…。

挙句の果てには、今日は私、お腹を壊してしまいました



もう一つ、最近ヴェスタに困らされていることがあります。それは「げっぷ」。わざわざ人の前まで来て「ゲプッ」って。普段でも臭いのに、今は特に厳しいです





カメムシ@ナイトスクープ

私は「探偵ナイトスクープ」という番組が好きで、実家に居た時から毎週ほぼ欠かさず観ています。この番組をあまり観たことの無かった、夫も結婚後は好んで観るようになりました



さて、昨日のナイトスクープの依頼に「カメムシの臭いが大好きな友人のために、大量のカメムシの臭いをかがせてあげたい」というのがありました。

実は、今月、犬友だちと軽井沢に行ったのですが、その宿で大量のカメムシと遭遇したばかりで、あまりにもタイムリーな話題でした。



この時期には、あまりカメムシがいないというので「え、あの宿行けばいいよね~」と夫と突っ込みを入れながら観てたのですが、この時期でも葛の葉につく、匂いの強烈なのはたくさんいるらしく、いっぱい集めてました



依頼者は、カメムシの臭いを好きなわけも無く、友人が何か勘違いしていて、ほんとは嫌いじゃないかと疑っていたにもかかわらず、友人は大量のカメムシの臭いを、ほんとに嬉しそうに「ああ、このにおい~」と喜んで嗅いでました



軽井沢に一緒に行った友人の中にも居たのですが、この依頼者の息子さんも、カメムシやカメムシの臭いを知らないと言ったのにも、驚いてしまいました。

私は京都市内といっても北の方で育ったせいか、虫はたくさん見たし、女の子だというのに虫の図鑑が大好きでボロボロになるまで飽きずに見ていました(未だに実家にあります)。

最近は虫も少なくなってしまいました。そうかと思うと、季節外れに見たり、虫を買う時代だったり…。



お腹の子が、自然や虫に興味を持ってくれる子だといいなあと思います(高いカブトムシとか、クワガタを買わされるのは困りますが…カメムシ好きもちょっと)。

飲み物

うちは、生協の共同購入をしていて、その商品が来るのが木曜日です。年末になると配送スケジュールが変わってきたりして、1回に2週分の注文をしたりするので、頼んでたことをすっかり忘れていたのですが、今日来た中に「りんご紅茶」というのが、ありました。



そういえば、りんご紅茶を注文した日は、とても気分が悪くてほぼ寝たきりでした。でも、どうしても近所の自動販売機に売っている「フルーツ紅茶」というのが無性に飲みたくなって、その日のお昼に限って、夫が居なかったので、ヴェスタ(うちの愛犬です)にでも頼みたい気分でした

そんな訳にもいかず、仕方なく何とか着替えて、小銭入れを握り締めて、帽子を深くかぶって、やっとの思いで買いに行きました。自動販売機の前で1本買うか、買いだめするか悩んだのですが、「また飲みたいもの変わっちゃうかも…」と1本だけにしました。

多分私の姿を見た人は、恐かったと思います。



つわりになって、食べ物同様、飲み物もしばらく苦労しました。うちで普段はウーロン茶を沸かしているのですが、まず、それが飲みたくなくなって、100%の果物のジュースを主に飲んでました。果物ばかりでも…と野菜の入ったジュースも飲もうと買ったのに、結局飲めませんでした。ジュースを切らしてしまうと、水に大量にレモン(料理などに使う液体のもの)を入れて飲んでました。

次にハマったのはスポーツドリンク。最初はポカリスエットを好んで飲んでいましたが、やっぱりアクエリアスの方がさっぱり感じるようになり、最後はダカラに落ち着いてました。



急に無性に飲みたくなったのがレモンのサイダーと、ピーチのネクターでした。レモンのサイダーは、前に間違って生協から1箱届いたのを(お金もちゃんと払いましたよ!)、まあいいかと飲んでみたらわりと美味しかったし、小さな缶に入った飲みきりサイズというのもまた良くて、それが急に飲みたくなったのです。ピーチのネクターは最近の話ですが、うちの母もピーチのネクターはよく飲んでいたらしいです。ピーチはネクターに限らず、ゼリーや、桃缶、アイス、ヨーグルトまで買ってしまいました。未だにレモンのサイダーとピーチのネクターは最終兵器で冷蔵庫に常備してあります。ただ、最近のネクターは昔よりも薄くなった気がして残念です



最近ではお茶も普通に飲めるようになったのですが、一番のお気に入りは紅茶。本当は「アールグレイ」がいいのですが、もうあまりわがままもいえないので、リプトンのお徳用みたいなティーバッグで満足しています



今日、夫の母から、ボーナスが出たからと、お小遣いを頂いてしまいました。

お母さん、ありがとうございます<(_ _)>。

マジメな話

この時期になると、テレビなんかでも今年1年を振り返った特集なんかがよくされています。その特集だったのか、最近の事件を受けてか、今年あった児童虐待の話題をたまたま見ました。本当に辛い話です。そしてたいていは、児童相談所のあり方が問題にされています。確かに、根本的な改革が必要とされている部分であると思います。



ひとつ気になったのは、田嶋○子さんの、「日本では子供を家庭に戻すというやり方を強くしすぎてる」といった内容の発言。家庭そのものが問題を持って、崩壊してるのだから…確かに正論ではあるけど、里親制度等もまだまだ未発達な今日、ではどうすれば?という疑問が残るのです。といったところで、私にも具体的な考え方があるわけではないのですが。



私は児童養護施設で、2週間の実習を受けたことがあります。最近の児童養護施設というのは、親と生き別れて…などという子は殆どおらず、やはり家庭の問題や、虐待、育児放棄のために施設に入ってる子が大半なのです。施設はそれは家庭的な雰囲気を作ろうと努力されてますし、母親代わり、父親代わりに…という思いの強さは感じ取れます(私は正直なところ、あまり居心地がよくありませんでしたが)。



でも、残念ながら家庭ではありません。子供にしても「いつか家に帰れる」という思いがあるのです。実際は戻れる子も少なく、また成長するにつれ、段々と自分の境遇を理解していきます。体の成長はあっても、精神面では家庭や家族というものが理解できないばかりに、成長できない部分を残してしまうことが多々あるのです。そして、虐待された子がまた親になって同じことを繰り返す可能性もあるのです。また、虐待した親の側も、子供がかわいくないから、いらないから虐待したという訳では無い方が多いのです。育児が辛かったり、どうしていいのか分からなくて、虐待に至ったケースがあり、家族全てのサポートが必要な場合もあるのです。本当に難しくて、早期に解決すべき問題なのに、行政においてなど、いまいち危機感が足りないように感じます。



(幼稚で利己的なしめになってしまいますが)そんな中、自分がいかに両親に愛されて育ってきたかを思うと、感謝しても足りない気がします。

スケジュール帳

今日は食品などの買い物のついでに、スケジュール帳でも見に行こうかと雑貨屋さんに行きました。雑貨屋さんはまだまだクリスマス商戦全盛といった感じで、かわいらしいツリーやオーナメント、クリスマスプレゼントにオススメといった商品が並んでいて、見てるだけでも楽しかったです。雑貨屋さんでの夫の一押し商品は「ふもふもさん」というぬいぐるみのシリーズで、このふもふもさんもクリスマスバージョンが店頭にあったから、思わず欲しくなりました



でもお目当てはスケジュール帳。私は学生の時からずっと某メーカーのものを愛用しています。来年は赤ちゃんも産まれることだから、少し大きめで日記兼用のがいいなあと思って同じメーカで、大きいものを探しました。で、あるにはあったのですが、中身のレイアウトが愛用しているものと違ってました。結局、自分の気に入ってるレイアウトを優先して、違うメーカーのものを買いました。



スケジュール帳…結婚して主婦になってからは随分書くことも減ってしまいましたが、でも1年を振り返るとさすがに色々なことがあったな~と思います。学生のときは日々変化があり、それが仕事が始まり、主婦になるにつれて日々の変化は少なくなったものの、1年での変化は結婚してからの方があまりに大きな気がします。



ちなみに、去年の今頃は、子宮内膜症の治療で毎日、点鼻薬をしてて副作用のせいか体調がいまいちの中、某国家試験を1月に控えていたので追い込みの勉強をしていました。そして来年の今頃は家族が増えているのでしょう

久々の

クラッカー、ピーナツクリーム、カップ焼きそば、チーズ蒸しパン、バナナ、缶詰のモモ、どん兵衛、揚げだし豆腐、ポテチ、天津飯、そうめん…って、これは私がつわり中に無性に食べたくなったものの数々。ちなみに、今食べたいものは「魚そうめん」だけど、こちらではなかなか見かけません



って、なぜ食べ物を列挙したかって、ようやくつわりも軽減したのか、このところ全く食べたいとも思わなかったお肉が食べたくなって、今日は久々に焼肉を食べに行ったからです



久々の焼肉はやっぱり美味し~。さすがにホルモン系(ほんとは好き)や量はたくさん食べられなかったけど(普段が食べすぎ?)、大満足でした。ビビンバも頼んだのですが、何故か「石焼き」より、普通のが食べたい気分。まだまだ、自分でもどういう嗜好になってるのか、分かりません。夫がシメに頼んだ、梅冷麺もさっぱりしていて美味しかったです。つわりの初期に出会っていたかった味でした。



で、未だに食べるのをためらうのが、鯖。あまり魚介類が得意でない夫も「鯖」は喜んで食べてくれるし、安いし栄養もあって、普段はよく食べるのに、どうも後味がキツクテ、しんどいのです。そして、大好きなのに今は食べたくないのが、お気に入りのラーメン屋さんのラーメンと煮卵。これはほんとにどうして食べたくないのか分かりません。ちなみに、義母はつわり中に、無性にラーメン屋さんのラーメンが食べたくなったそうで、義妹はつわり中にカップ焼きそばにはまったらしいです。母は桃のネクターをよく飲んでたそうで、私も少し前にネクターが飲みたくなりました。つわり中っていうのはフシギなものです?。

あまのじゃく

今晩は、夫が温泉での泊まりの忘年会で居ません

毎年の温泉旅館での忘年会が簡単に出来るのも、ここ石川県での醍醐味といったところでしょうか?



自分だけが温泉に出かけるのは…と、昨日ポトフを多めに作り置きしてくれて、

今朝はお風呂までピカピカに掃除してくれました。



そんな訳で、私はこたつに入って、ゆうゆうと音楽を聴きながら、クリスマスカードや年賀状を書いていました。

カードに「つわりもおさまってきて、体調も安定してきました…」などと書いていると、急に吐き気が。次には頭痛や寒気までしてきてしまいました。



そういえば、少し前も体調を崩して、ようやく良くなったので、心配してもらってたお友達に、「お陰さまで、良くなりました~」などと報告すると、途端につわりが戻ってきて、そうめんしか食べられないなんてコトもありました。



少し横になって楽になったので、お風呂に入って早々に寝ることにします

しかし、なんでしょう?楽になったと思ったら、急にしんどくなったりって、これが妊婦なんでしょうが、ぐうたら生活への警告?それともお腹の子は、どっちに似たのか意地悪

クリスマスプレゼント

  思い立って、ブログを始めることにしました

経緯などは、また徐々に…。

とりあえず、今日の話。



 今日は少し気分も良く、夫も休みなので、買い物に出かけました。

(私達の)食料品とヴェスタのご飯と、下着(妊婦になってサイズがどんどん大きくなってます)、あとはバッグが主な買い物でした。



 バッグは、オケの練習に行くのに楽譜と座布団が入る大きさのものを少し前から探していたのです。

座布団?って思われますよね。前回、練習で長時間パイプ椅子に座っていたせいか?

次の日から腹痛で、ついには病院…となったので、今度からは座布団を持って行こう!と

決めてたのです。大き目のバッグを買えば、子供が出来てからも何かと使えるだろうと思っていたし、夫がプレゼントしてくれると言ってくれたのです。なかなか、探している大きさ、デザイン、機能性、お手頃感を併せ持つもの(欲張り!)が無かったのですが、今日やっと巡り会いました!!



 買ってもらった私は、ルンルンで楽譜と座布団を新しいバッグに詰めて、練習に行きました。しかも、練習に行ってる間に、夫がポトフを作っておいてくれました。美味しかったです







トップページ | 2005年1月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ